blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

一部分だけが動く写真「シネマグラフ」をPhotoshopで簡単に作る方法

シネマグラフ

 

こんにちは、さむケンです。

今日は写真の一部だけが動くこんな感じのシネマグラフをPhotoshopで作ってみたいと思います。

シネマグラフ

 

タイムラインを表示させる

cinemagraph1 cinemagraph2

まずは「ウィンドウ」→「タイムライン」でタイムラインを表示させます。

 

 

 

 

シネマグラフ

こんな感じで画面下部に現れます。

 

 

 

 

シネマグラフ

 

タイムライン上にあるこのビデオマークをクリックして、撮影した動画をPhotoshopに読み込ませます。

 

 

cinemagraph5

でてきました。

 

 

動画のトリミング

 

シネマグラフ

タイムラインに読み込ませた動画の、リピートさせたい部分をこの赤いバーを左右に動かして決定します。

 

 

 

 

 

 

cinemagraph7

リピートさせたい部分が決まったら、まずそのリピートさせたい箇所の一番先頭部分にスライダを持ってきます。

その位置で「右クリック」→「ワークエリア開始時間を設定」を選びます。

 

 

 

 

cinemagraph8

同じ要領でお尻の部分にスライダを移動して「右クリック」→「ワークエリア終了時間を設定」

これでリピートさせる部分が選択されました。

 

 

 

シネマグラフ

選択したクリップ以外のいらない部分は切り捨ててしまいましょう。

タイムライン左側のハサミでいらない部分をカットします。

 

 

cinemagraph10

カットしたい箇所にスライダを移動してハサミマークでカット

 

 

 

cinemagraph11

前後カットして短くなりました。

これで動画のトリミングは完了です。

 

 

 

動画から静止画を作る

 

cinemagraph12

続いて、いま作ったリピートさせたい箇所から、

先頭の1コマだけを静止画にします。

 

方法は簡単。

レイヤーパネルにある動画レイヤーをもう一枚複製します。

ビデオレイヤー(ここではA00A0415というファイル名のやつ)を選択した状態で

Altキーを押しながらレイヤーの一番上にドラッグアンドドロップします。

 

 

cinemagraph13

すると同じビデオレイヤーができました。

 

 

シネマグラフ

 

 

cinemagraph15

コピーしたレイヤーが選択されているのを確認して、

「レイヤー」→「ラスタライズ」→「ビデオ」

を選びます。

 

 

cinemagraph16

これで先ほど複製した動画レイヤーは一枚の静止画に生まれ変わりました。

 

 

動かしたい部分だけにマスクをかける

 

cinemagraph18

作った静止画にマスクをかけて動かしたい部分だけを選択していきます。

 

 

 

シネマグラフ

マスクはこのボタンでかけます。

 

 

cinemagraph19

今回は湯気の部分を動かしたいので湯気部分を選択します。

 

 

 

 

シネマグラフ

選択した後は、選択部分を塗りつぶします。

Alt+Deleteキーを押すと、こんな感じで選択部分が塗りつぶされます。

 

 

 

保存しましょう

 

cinemagraph21

さあ、あとは保存するだけです。

「ファイル」→「Web用に保存」

 

 

 

 

 

cinemagraph22

すると、こんな画面が出てくるので

「GIF」形式を選択し、画像サイズを任意のものに変更しましょう。

今回は横幅を650pxにしました。

 

 

cinemagraph23

そして、忘れてならないループオプションです。

無限にループさせたいので「無限」を選びます。

 

 

シネマグラフ

 

 

完成

 

シネマグラフ

 

 

 

重くなりがちなファイルサイズの調節

 

シネマグラフは動画ファイルを使用するため、

ファイルが重くなりがちです。(1000pxなどの大きな画像で作ると2Mとか普通にいきます)

 

Webページ上で扱うファイルはなるべく500kb以下に抑えたいですよね。

そんな時はこの「Web用に保存」の画面で、

シネマグラフ

 

「カラー」

「ディザ」

「劣化」

の3項目を上手く調整するとファイルサイズが抑えられます。

 

効果の高い順でいくと、

カラー>劣化>ディザ

という感じでしょうか。

カラーは減らしすぎるとカクカク・ぼやぼやになってしまうので、

減らすにしても64までが限度かと思います。

 

 

まとめ

 

シネマグラフ作ってみるととても面白いですよ♪

iPhoneで動画撮って作ってもいいし、

シネマグラフが作れるアプリもあるみたいです。

 

皆さんもぜひお試しあれ!

 

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事