blog

BLOGブログ

ARCHIVES

はっすん

💍指輪をする指の意味💍

29212_original

皆様こんにちわ!はっすんです(^^)/第2回目ということで

今回は、ふと気になった『指輪をする指の意味』について調べてみました!

 

普段なにげなく付けているリングを左右のどの指に付けるかで

効力や意味が変わります。
願い事のある方は、願い事に合う指にリングをはめて毎晩眠る前に祈願すると

効果的みたいですよ!

 

それでは、ご紹介していきたいと思います(^^♪

 

◆右手◆

親指
信念を貫く、困難を乗り越え目的を達成する力を与える。
行動力や意志力を持続させたいときや、大きな障害を乗り越えるパワーが欲しいときに効果的です。
また、右親指は指導者を表わします。恋でも自分が主導権を握りたい時、リーダーシップを発揮したい時に付けると効果的です。

 

人差指
集中力を高めたい時に。
物事を達成させたい時に。
試験や受験に。
思慮深く正しい判断がほしい時に。
勉強、仕事、その他、気を落ち着けてじっくり取組む力を向上させるのに効果的です。

 

中指
直感やインスピレーションや霊感を求める時に。
邪気から身を守る時に。
ギャンブル運アップ。
金運アップ。
厄除け。
効果的に成功を収めたい時に。
思うように事が運ばなかったり、空回りばかりしているという人は、この指にリングをつけると効果的です。

 

薬指
心が落ち着かない時や、不安や恐怖心が起きた時に、

この指にリングをつけてみて下さい。精神の安定、心の安定、

落ち着きをもたらし本来の自分らしさが出せるようになります。
また、人間関係を円滑にしたい時にも効果的です。

 

小指
自己主張、自分らしさをアピールできる指です。
明るく活発になりたい時に。
社交性を高めたい時に。
自分の良さが相手になかなか伝わらない人は、この指にリングをつけてみましょう。
自分に自信がある人はさらに自信がもてるようになります。

 

 

◆左手◆

親指
自分の信念を貫きたい時に。
目標を達成したい時に。
自分の意志で現実を切り開く。難関を突破したい時に。
逆境の中で彼への愛を貫き通したい人におすすめ。
例えば親から反対されている結婚を認めてもらいたい時に。

 

人差指
自分の気持ちを行動に移したい時に。引っ込み思案でなかなか言葉に出せない時に。
言いたいことをなかなか言い出せない、やりたいことをなかなか行動に移せない人は、この指にリングをつけてみましょう。
人差指は、自分の気持ちを引っ張ってくれるパワーを持っているといわれています。
彼の前でうまく自分を出せない人や彼への不満をうまく口にできない人は 素直な自分を表現できるようになるでしょう。

 

中指
ネガティブなエネルギーから守ってほしい時に。
意思を強くして実力を発揮したい時に。
人間関係改善。協調性。
商売繁盛。仕事の成功。家内安全。
積極的に人とコミュニケーションを取りたい場合や自分の能力を十分に発揮する力を引き出したいときに効果的です。
また、恋人や友達や家族、また仕事に関係する人たちとのより良いコミニュケーションを望む人にはこの指のリングが最適です。
相手の気持ちの微妙な動きがつかめて、それを素直に受け入れられるようになります。

 

薬指
愛の証。絆を強め愛を深める。
この指は「創造」を象徴とする指とされ、古代エジプトでは左の薬指は愛の血管が心臓までつながっているということで、男女の愛の証の指とされ、リングをこの指につけました。
愛を深め、絆を強めるこの指は、愛する男女が同じリングをつけることで、リングが共鳴し合い、お互いの心が直接つながるといわれています。
永遠の愛を得たい時に。

 

小指
自分の魅力を引き出したい時に。
叶えたい願いがある時に。
異性を引き付けたい時に。
願いを実現するパワーを持っている指です。
この指は変化とチャンスの象徴であり、願いを成就させるパワーが生まれる指といわれています。
また、子宝、安産祈願にも最適な指です。

 

はっすんが普段指輪をはめてる指は?

少し長い説明になりましたが、、、

わたくし、はっすんが普段から指輪をしている指は、『右手の人差し指』です!

 

特に意味とか知らなかったのですが休日など出かけるときは必ずと言っていいほど

指輪を右手の人差し指にはめて出かけています。

 

何かしら集中していたのだろうと思います(´・ω・`)

 

そろそろクリスマスですな~|д゚)

よくよく考えてみると交際経験はありますが、まだ一度もクリスマスを共に過ごした事はありません。

 

恋人が欲しい場合は左手の小指が効力あるみたいですね。

考えておこうと思います♪

この人が書いた記事

はっすんの記事をもっと見る

関連する記事