blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

カリアゲJAPANって何?熊本のちょっと変わった不動産屋さん「ウエダ不動産事ム所」に行ってきた

上田不動産 熊本

こんにちは。さむけんです。

今日はクールな男性なら誰しもが憧れる理想的なスタイル「刈り上げ」・・・についてではなく、日本の住宅問題に関して。

 

 

いきなりですが、日本にはどれくらいの空き家があるかご存知ですか?

 

 

その数、

820万戸

と言われています。

 

 

実に10軒に1軒が空き家なわけです。

 

 

そして2033年には30%の家が空き家になるという試算もあります。

(野村総合研究所より抜粋)

 

 

空き家問題を紐解いていくと様々な課題がありますが、今日はそんな日本の空き家問題に対して、ちょっと変わったアプローチで解決を目指している「ウエダ不動産事ム所」さんにお話をうかがってきました。

 

 

熊本市中央区に2016年12月にオープンしたウエダ不動産事ム所

上田不動産事務所

―ウエダ不動産事ム所はオープンからまだ日が浅いですよね

 

僕たちウエダ不動産事ム所は、2016年の12月に誕生したばかりのまだ新しい不動産屋です。

不動産的に価値が無い、または薄いような物件に価値を与えて、個性的な家が好きでそれを探している人たちに届けたいという思いで起業しました。

この会社を起ち上げる前は普通の不動産会社で様々な案件に携わっていて、仕事的にも満足していたんですが、みなさんご存知の通り、2016年4月に熊本で大きな地震が起きてしまいました。

 

IMG_3126

僕もそのときに「あ、死ぬかもしれない」って経験をして、考えが変わったんです。

究極を言えば、好きな人と・本当にやりたい仕事だけをやっていきたいって思うようになりました。人生一度しかないですから。

また、地震前までは熊本ってそれこそ空き家だらけだったんです。でも地震が起きてから、住まいにこだわるのは贅沢、みたいな住むとこがあるだけでも十分って方が増えたんです。それから1年経って、そろそろ住まいにこだわる人が増えてきてもいいんじゃないかなって思って、それまでずっと温めていたウエダ不動産事ム所のアイデアを形にしました。

 

―まだ使える家を活用しないのは本当にもったいない

IMG_3138

近年のリノベーションブームにも乗っかって、若い世代の方を中心に、空き家を自分の好きなように改造して住みたいって声は多いんです。この熊本でもそういった話はよくあります。

でも、今まではそれを探せる場所がなかった。

だったら僕らが旗振り役になって、熊本の空き家再生を引っ張っていこうって思って、カリアゲ熊本を立ち上げて今どんどん空き家を活用した賃貸物件を世に送り出していっているところです。

 

カリアゲJAPANってなに?

IMG_3074

―カリアゲJAPANとは?

 

カリアゲJAPANは、資金面や様々な理由で家主さんが改修できない空き家を、家主さんから借り上げて、そこにリノベーションを加えることで、魅力的な住宅に変えていく取り組みです。

 

IMG_3141

具体的にいうと、

空き家オーナーの方には物件を貸していただく代わりに家賃をお支払いして、6年間物件を貸し出させていただきます。

そこにカリアゲパートナーと呼ばれる私たちのような業者が、リノベーションの手を加えて魅力的な賃貸物件に変えていきます。オーナーは資金も用意する必要はありません。

 

 

6年間賃貸として利用したその後はオーナーとの話し合いで物件をオーナーの元に返すのもいいし、そのまま借り上げておくというのでもいい、という仕組みです。

オーナーにとっては、何もせずとも6年後にはリノベーションされた住居が返ってくるというメリットや、家賃収入が入る利点があります。また住む人にとっても安くて個性的な家に住めるというメリットがあります。

 

カリアゲ 熊本

 

古くなりすぎた空き家は、オーナーの心境的にも「こんな家だれも借りないだろう」「リノベーションするのは面倒だ」「お金かけてまで・・・」「解体するのもお金がかかる」という半ば諦めの気持ちが生じてしまい、そのまま空き家になってしまうというケースが多いです。

だけど、どんなボロボロの家でもちょっとしたアイデアを加えてアレンジすることで、素敵な住まいに生まれ変わるんです。

そして安くてお洒落な家に住みたいという需要も多いわけですから、これを活用しない手はありません。

 

IMG_3132

熊本では最近始めたばかりなので、残念ながらまだ完成した物件などはお見せできませんが、ありがたいことにたくさんの「カリアゲ」のお話をいただいています。

これから面白い物件をたくさん紹介できると思うので、空き家を借りたいという方も、逆に空き家があって困っているという方にも気軽にご相談にきていただければと思います。

 

―実際にウエダ不動産事ム所で扱っているトンガリのある物件を見てみたいです

 

IMG_5210 IMG_5825 IMG_5853 IMG_6043 IMG_6049 IMG_6961 komorebi1

ここは空き家リノベーションとはまた違うんですが、賃貸的にはほとんど需要が無い西区の池ノ上にある共同住宅で、同じ敷地内に3棟の賃貸物件を建てて、賃貸物件によくあるルールとかを全て取っ払って「住む人が自由にカスタマイズできる賃貸物件」として貸し出しています。

例えば自由に楽器を弾いてよかったり、共同で利用できるピザ窯があったりと、住民たちで独自にルールを決めて住んでもらえる物件です。使っている木材も経年変化を楽しめる、味があるものを積極的に使っていたりします。

 

IMG_3112

バス停から徒歩何分とか、コンビニまで何分ですとか、そういうのは皆無の物件なんですけど、人気でもう全部埋まっています。

 

 

―他の不動産にはない、お部屋さがしのこだわりは

 

一番大切にしていることは、話が通じることです。

 

IMG_3140

僕自身も自分が物件を探す時になんだかニュアンスが伝わらないなっていう経験がよくあったので、気持ちを分かってもらえる不動産屋さんを目指してます。

だから、不動産屋だからってスーツを着る必要もないと思ってますし、その代わりにゆっくりしていってもらって、もちろん物件も選んでもらいたいんですけど、人でも選んでもらいたいって思います。

 

万人受けはたぶんしないです。熊本の不動産はなんでもまかせて!みたいなのではなく、好きな人が好んで来てもらえるような場所にしていきたいんです。

 

IMG_3230

事務所の椅子とかも全てリサイクル品で、この物件も元々あったものを極力再利用して空間を作ってます。

 

IMG_3228

このスイッチが僕はお気に入りなんですけどね(笑)

 

 

 

―店舗の半分は不動産、もう半分はFREITAGショップになっていますね

IMG_3229

 

はい。不動産屋さんって仲良くなってまた遊びに来てくださいって言っても、なかなか行きにくい場所じゃないですか。

用事ないし、みたいな(笑)

だから事務所の半分を街の方との入口を広めるためにショップにしようと考えて、何かしたいなぁって思ってたんです。

そこで目を付けたのがFREITAG(フライターグ)でした。

 

フライターグ 熊本

FREITAGはヨーロッパを走るトラックの幌(ほろ)を再利用してつくられたバッグなので、自分の考えていたリノベーションのコンセプトに合致してたんです。

 

FREITAGを知らない人でも、うちの不動産に来てくださるお客様って、既にいろんな不動産屋さんから選別されていて、あえてここにたどり着いた、みたいな「こだわりが強い」お客様が多くて、そういった方はだいたいFREITAGのコンセプトにも共感してくださる方が多いんです。

 

 

―最後に、これからどんなお店にされていく予定か教えてください

IMG_3145

そうですね、今はショップの方はFREITAG販売だけですが、今後は解体された家で不要になった小物とかインテリアを再利用して、それを販売していく予定もあります。

 

こだわりを追求していって、面白い物件が集まってきて、それをうちが発信していくことで、ウエダ不動産事ム所に行けばなんか面白い物件が見つかるって状態にしていきたいです。

 

 

おもしろい物件に住んでみたい、空き家に興味がある方はウエダ不動産事ム所へ

IMG_3160

今回は空き家を活用したビジネスモデルで活躍中の「ウエダ不動産事ム所」さんにお邪魔してきました。

上では紹介しきれなかった魅力的な物件が他にもたくさんあるので、詳細は公式サイトFacebookまたは店頭にてチェックしてみてください♪

 

居心地の良い空間で新しいライフスタイルを見つけることができるウエダ不動産事ム所、みなさんも行ってみてくださいね♪

 

 

公式ホームページ:http://www.plonsters.com/

Instagram:https://www.instagram.com/plonsters0921/

Facebookページ:https://www.facebook.com/ueda.f.j/

ウエダ不動産事ム所

住所:熊本県熊本市中央区神水本町20-3

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事