blog

BLOGブログ

ARCHIVES

かなぴょん

画面越しでも熱意は伝わるッお店に人気(ひとけ)を出すために毎日更新のすすめっ

0327-1

こんにちは!中西です。

 

熊本ではすでに桜の開花宣言が出てから早一週間。

今年こそは 桜が散る前にお花見を!!!

と鼻息も荒い今日この頃です。

 

さて、以前webショップで勤めていたお話をさせて頂きましたが

今回はそのお店で必ずやっていたこと。

これをご紹介したいと思います。

 

まずは

スタッフ全員がメールに目を通す

0327-1

 

これ、朝出勤して全員がまずすることでした。

お問い合わせ、返品・交換のご相談、

商品到着後の感想メール等々、、お客様から頂いたメールはもちろん

それ以外のメールもいるものといらないものと

朝すべて整理します。

 

メールの返信内容についても

スタッフ全員で共有して

いざ送信!!

となる前には 必ず他の人(主に責任者)に確認してもらってから送信する。

決まりではなかったですが、きちんとした対応をしたいと思うと

自然とそうなっていたのかな、と思います。

 

 

そして、前本も言っていますが

お客様への対応は全員で共有すること

0327-2

 

 

これは ネガティブなことだけではなく

”いいこと” も、もちろんそうです。

 

レビューでお褒めの言葉を頂いた時、

感想のメールを頂いた時、

みんなで やってて良かったね~。。。( ;∀;)

と、喜びも共有します。

 

こういう時は、誰がメールの返信をするかも

取り合いになるくらい全員で喜んでいました!

 

 

そして、やっぱり一番印象深いのは

毎日更新していたこと

0327-3

 

ネットショップという、お客様の顔もスタッフの顔も見えないなかで

どうやったらスタッフがお店にいるよ!とお客様に気づいて頂けるか

 

それは更新することしかないと思います。というか思っていました。

(他にももしかしたらやり方はあるのかもしれないですが)

ネットショップでお店のページが昨日とどこも変わってないという事は

実店舗で言うなら、お店にスタッフが立っていないのと同じこと。

 

トップページならランキングの更新やひとこと日記のようなもの、

当時はFacebookやツイッターもまだまだそんなに盛んじゃなかったので

店長ブログを毎日スタッフが持ち回りで更新。

企画ページを作るときも 更新できる部分を作って

どんどん中身を増やしていく。

 

誰が見てくれているか、それはわからないけど

見てくれていると思って更新する。

 

小さなバナーひとつとっても

毎日作り変えたり、同じバナーでも場所を変えたり

もうとにかく!!これでもか!!というくらい

ページにさわってさわってさわりたおしていました。

 

更新することなんかない、、、という時はスタッフみんなで知恵を絞りだし

時には身を切り売りしながら(笑)

どうしたらお客様に楽しんでいただけるお店になるか

ということを 常に考えて運営していたように思います。

 

もちろん お店としては売り上げが立たないと面白くない。

でも目的が ”それだけ” だと、楽しくない。

商品が売れなくても楽しい、

商品が売れるともっと楽しい そういうお店だったな~

 

と、今振り返ると改めて思います。

 

 

どんなに顔が見えなくても、お店の方の熱意や

商品に込める思い、そしてお客様への思いは

画面を通して伝わると思います!

 

そしてそれがお客様に伝わった時の喜びが

(もちろん!売上が付いてくるようになってくるというのもその一つ)

自分たちの力になり、より良いサービスの提供につながる、

そんないい循環がお店にできてくると

webショップはとっても楽しくなってくると思います。

 

お店の賑わい感や、ひとけが感じられるようになり、

見てくれている人がいる、という実感がついてくると

もっとこうしたい、これをこうしよう!という気付きもたくさん出てくると思います。

 

ぜひ、毎日 どこか一つ以上

絶対更新する!!というものを決めて実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人が書いた記事

かなぴょんの記事をもっと見る

関連する記事