blog

BLOGブログ

ARCHIVES

かなぴょん

こんな時にフル活用!絵が描けなくても大丈夫。illustrator初心者が思うillustratorの便利なところ。

0526-1

こんにちは、中西です。

私は日々web制作をしておりますが、皆さんはこういう仕事をしている人ってみんな絵が上手で絵心があって、、、というイメージがあったりしませんか?私は自分がこういう仕事をするようになる前はそう思っていましたし、そういう人がデザインの仕事を選んでしているのだと思っていました。

 

 

が、しかし、、、、私は絵が描けません。

全く描けません。絵心もなしです。

 

しかし、制作過程でここにイラストを差し込みたい、、、、と思うことは本当によくあります。その都度自分でかければ一番いいのでしょうが、もしくは手書きでは無理でもillustratorを駆使して作成できればいいのですが、そんなスキルもまだない。。。

と、そんな私のようなデザイン初心者にとって大変助かる存在がフリーのイラスト素材なわけですが、その素材の保存形式ってたくさんありますよね。

jpg、png、ai、epsが主なところかと思いますが、Photoshopのみを使用していた時はjpg、pngを好んで使っておりました。しかし!拡大縮小すると素材の画質がどんどん粗くなっていくんです。そして、そのイラストの一部分だけ使いたい時の編集がめんどくさい。。。。

 

ちょっとしたことなんですが、めんどくさい。んーやっぱりめんどくさい。どうしたものかと思っておりました。が、どうすることもできず、チクチク切り抜いたりして使っていたのですが、もう、illustratorに出会ってこの悩みは一発解決してしまったのです。

 

0526-2

一部分だけ選択して使える!

すみません、季節感も何もないですがこの門松のリボンのところだけ使いたいなーと思ったときillustratorではこの部分だけを選択することができるんですっ

いや、よく使う方なら当たり前だと思うのですが、もうこれに感動しました。私は。

 

0526-3

 

そしてこんなふうにひょいっと形を崩さずに外すことができるんです!

さらにこれをそのままPhotoshopにドラッグするとスマートオブジェクトとしてレイヤーに追加できます。どういうことかといいますと、いままでjpgやpngの画像をチクチク切り抜いていた時は、それをもうちょっと大きくしたいなーと思うと必ず周りががびがびになっていたのですが、スマートオブジェクトの状態だと淵のラインがキレイなままで拡大縮小が可能なんです。

 

いやー、実はスマートオブジェクトってそのままだとPhotoshopで加工できないのでめんどくさいファイルだなーと思って好きじゃなかったのですが、大きくしたり小さくしたり、はたまた変形させても保存した後の状態がきれいなことを知ってからは好きになりました。

ファイルの形式が好きって何だって感じなのですが。。。

今までは、この門松のイラストは一つの門松のイラストでしかなかったわけなのですが、illustratorが使えるようになってからは、梅の花のイラストでもあり、竹のイラストでもあり、リボンでもあり、とにかく一つのイラストがバラバラになるという事がこんなにも便利なことだと気づいたわけなのです。

 

web制作を始めたころはPhotoshopもままならず、(今も勉強中ですが)illustratorを使うなんてことは考えてもなかったですし、一緒に使うなんてことも毛頭なかったわけですけど、いざ使いだしてみると本来の使い方とは違うのかもしれませんがとっても活躍しています。

 

そもそもイラストやシルエットのフリー素材はaiやeps形式のものが多いのでPhotoshopだけではなかなか使いづらかったのですが、これが解消されたという事はうれしい発見でした。illustrator使ったことないしよくわからないしPhotoshopだけでも何とかなってるからいいやっていうweb制作をされている方が、illustratorにふれるきっかけになればうれしいです。

 

それでは!

 

この人が書いた記事

かなぴょんの記事をもっと見る

関連する記事