blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

【ノンデザイナー向け】画像保存にはjpeg gif pngどれ使えばいいの?

jpegメリット

夢は「さむケン」のGoogle検索結果を独占すること、さむケンです。こんにちは。

 

前回の記事でノンデザイナーの僕がどうやってデザインしているのかを書きました。

今回は画像の保存形式について触れます。

んなもん、jpegでやってりゃいいだろ!とか言わないでくださいね。

 

jpegとpngとgifの違いご存知ですか?

読み方は「ジェイペグ」と「ピング」と「ジフ」です。

 

面倒だから気にしたことないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

先に結論からまとめます。

 

画像保存

 

とにかく最上級の画質で写真を保存したい!→png形式

まあ、それなりに軽くて上質な写真画像→jpeg形式

アニメーションを保存したい→gif形式

アイコンなど色数が少ない画像→png

鮮やかな夕焼けなど色数が多い写真→jpeg

 

 

JPEG

 

 

元々はプロのカメラマン用に開発された形式です。

画像の成り立ちがどうとか、圧縮がどうとか、文系コースだった自分にはよくわかりません。

わかることは24ビット(1670万画素)まで色を扱うことができるので、写真ファイルに適しているということだけです!!

 

ここまでのまとめ—————————————–

写真ファイルはjpegで保存していれば間違いない

—————————————————————–

 

 

PNG

 

 

PNGの特徴は2つです。

最大の特徴はjpegよりも画質が良い状態で保存できることです。

まじっすか。という中丸君の声が聞こえてきそうですね。

 

pngは高画質で保存ができ、画質の劣化もありません。(jpegは保存する毎に余分な肉をそぎ落としていくため画質劣化が起こります)

その反面、ファイルサイズがjpegに比べると場合によっては5,6倍になることもあります。

 

2つ目の特徴は、透明・半透明の画像も保存ができるということです。

これはWebデザインでpng形式が使われる理由ですね。pngで保存した画像はレイヤーのように重ねながら使用することもできます。

 

その他にもpngは色数の少ない画像の場合、jpegよりもファイルサイズが軽くなったりするので、

アイコンやボタンなどを作る際にはpngが多く使用されます。

ちなみに、ファイルサイズが大きくなりがちなPNGの弱点を補うスペシャルツールがこちら

TinyPNG

会員登録・アプリダウンロード無し、ドラッグandドロップしてダウンロードするだけのお手軽ツールです。おすすめ。というか定番ですね。

 

ここまでのまとめ—————————————————————-

pngはjpegよりも高画質で保存できるらしい

透明・半透明の画像も保存できるからWebデザイナーが使うらしい

—————————————————————————————-

 

GIF

 

 

GIFの良いところは一点だけです!!

アニメーションに使用できる。以上。

PNGの台頭によってGIFはこれといった長所が無くなってしまいました。

アニメーション(パラパラ漫画みたいな)を保存する際などはGIFを使用します。

 

ここまでのまとめ—————————————–

GIFはアニメーション使う時くらいしか使わない

—————————————————————–

 

 

まとめ

 

jpeg愛好家の方は時と場合によりpngを使用してみてはいかがでしょうか?

とは言え、ブログなどに使用する写真などはjpegで保存しておけば必要にして十分な画質を得られます。

次回もお楽しみに!

ノンデザイナーさむケンの連載は続く

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事