blog

BLOGブログ

ARCHIVES

ヒック

明らかになったヤフーショッピング驚異の伸び率!今後のモール争いはどうなる?!

0208-01

 

こんにちは!

ヒックことヤノッチです!!!

 

 

 

ヤフーショッピング2015年度第3四半期発表

 

 

先日2月2日にヤフーショッピングの2015年度第3四半期の決算発表がありました!

 

気になる結果は・・・?

 

0208-02

出展)Yahoo! JAPAN IR情報

 

 

噂や予想がたくさんありましたが、

 

 

驚異の前年比

 

 

+41.4%

 

 

楽天市場の前四半期が昨年対比+12.6%でしたので、

 

その数字の破格さがわかるかと思います。

 

 

今後、ヤフーショッピングが逆転するのか?!

 

 

 

 

楽天vsヤフーショッピング

 

 

しばらくこのワードが何度も出てきそうですね!

 

2015年の年末で、他のモールからこの2モールが完全に抜け出した印象です。

 

さて・・・ヤフーショッピングは楽天を抜くのか?

 

 

現在のユーザー数や流通額からすぐに逆転は絶対にないかと思います。

 

 

中長期的にはどうか?!

 

 

 

ポイント還元と収益性

 

ヤフーショッピングの躍進の原動力は何といってもTポイントの還元です!

 

 

0208-03

 

・毎日5倍

・アプリで+2倍(※終了)

・プレミアム会員で+4倍

 

最低5倍が毎日っていうのは驚異的です。。

 

 

一方楽天ポイント還元を若干増やしました。

 

0208-04

 

 

毎日7倍のキャッチコピーでヤフーを超えてる印象ですが、

 

実質のアップは

 

・カードで4倍

・アプリで+1倍

 

ここがメインのポイントアップです!

 

楽天カードで4倍というのが楽天らしい施策ですね!

 

実質+3倍増えたという感じでしょうか?

 

 

しかし全員、どの決済でも5倍のヤフーショッピングの方が明瞭でユーザーの引きが強いかと思います。

 

 

では将来的にヤフーが逆転するのか?!

 

 

私はそうとは言い切れないかと!

 

 

 

モールの収益性

 

 

今回のCMとポイント還元はYahoo! JAPANによる約200億円の追加投資によって実現しました。

 

しかしこの先、ヤフーショッピング自体で収益性を上げていかなければポイントの争いでは楽天が優位かと思います。

 

 

1110-06

 

 

<ヤフーショッピング 主な収益>

 

・広告収入

⇒PRオプション

⇒モール内広告

 

・ポイント費

⇒1.0%から2.5%へ値上げ

※2016年4月1日~

 

 

 

1110-04

 

<楽天 主な収益>

 

・出店料

 

・売上マージン

⇒2.0%~6.5%

 

・広告費

 

・ポイント費

⇒1.0%

 

・メルマガ配信費

 

 

 

 

このように、ヤフーショッピングはポイント付与費を4月から値上げするものの、圧倒的に楽天の方が収益性は高いです。

 

 

ヤフーの収益性を左右しそうなのが、

 

・PRオプション

・人件費

 

売上に対するマージンを最大15%まで払うことで検索順位が上がるPRオプション。

 

こちらの活用と競争が増えてくればユーザビリティもあがり、収益性の高いサーチが完成するかと思います。

 

 

また楽天ではECCという1アカウントに1人担当者が付きます。

 

ヤフーショッピングにもいますが、おそらく10倍以上のECCが楽天にはいるかと思います。

 

その分ヤフーは収益性は高いとも言えますが。

 

 

 

 

まとめ

 

 

さんざん言いましたが、

 

 

■楽天

⇒競合に対して、今後取れる施策がまだ多様にある

 

 

■ヤフーショッピング

⇒会社の主たる事業ではない

 

 

 

この2点がそれぞれの強みになって、競争をしていくのではないかと思います!

 

 

とにかくユーザーとして使ってみてどちらがいい?!

 

を常に感じておくことが重要かと思います!

 

 

もちろんどちらの運営もしっかりしないとです!

 

 

まだヤフーショッピングは手つかず・・・

 

はもうNGです!

 

 

今日はここまでです♪

 

 

また次回をお楽しみに♪

 

 

 

 

 

この人が書いた記事

ヒックの記事をもっと見る

関連する記事