blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

水前寺公園ってなんで人気がなくなったの?観光客が40年で1/6にまで減った理由に迫る

DSCF1282

こんにちは、さむけんです。

僕は普段、熊本の盛り上がっているところに焦点を当ててこのブログで紹介しているのですが、今日はちょっと趣向を変えて、イマイチ盛り上がりに欠ける水前寺公園を紹介したいと思います。

 

なぜかって?だって

 

水前寺公園ステキなのにモッタイナイんだもの。

 

 

 

ここ数十年で観光客が激減?

 

この水前寺公園、ピーク時に189万人(1976年)を誇った入場者数は年々減少し、2012年には28万人にまで落ちてしまっています。

 

いろんな体験型の観光スポットがある中で、散歩して楽しむだけの庭園というのは、現代人には魅力が薄くなってきているのも事実かと思います。しかし、金沢の兼六園など新幹線の開通を機に観光客が押し寄せている庭園があるのも事実。

今回は実際に水前寺公園に訪れて、何が問題なのかリサーチしてみました。

 

水前寺公園

こちらの巨大な庭園が水前寺公園です。

平日ということもあり、人はまばら・・・

 

DSCF1302

なんなら人の数よりもハトの方が多いんじゃないかというくらいです。

 

DSCF1326

水前寺公園、やはり観光客は減っているようです。

 

 

水前寺公園

 

しかし丁寧に整備された水前寺公園の眺めはとても心安らぐもので、ゆったりと「わび・さび」に浸るには本当に良いところです。

 

DSCF1329

こちらは大正元年に京都御所から移されてきた古今伝授の間です。ここがまた風情があって良い。

 

DSCF1308

DSCF1306

となりでお抹茶と茶菓子を買って庭園を眺めならいただくことができます。

 

 

水前寺公園のマイナスポイント

 

 

では、実際に訪れてみて感じた水前寺公園のココが問題じゃないかというポイントを挙げていきます。

 

 

①街中にあるということで周辺にはマンションがたくさんあり、景観的にはイマイチ

水前寺公園

水と緑が美しい水前寺公園ですが、比較的街中に位置しているので、当然周囲にはマンションやビルが立ち並んでいます。このあたりはどうしようもないことなのかもしれませんが、できれば庭園に浸れる環境が欲しいものです。上の写真でもおわかりいただけますが、庭園の緑と奥に見えるマンション群が一体となって目に入ってきてしまいます。

 

 

②老朽化がすすみ、活気がない・・・

DSCF1312

 

底が抜けたベンチ、後ろ向きで近づいてしまうと危ない

 

DSCF1311

 

故障して、恐らくもう修理されることはないであろう記念メダルのマシーンなど

 

草木や庭園はしっかりと管理されていますが、奥に進んで行くとこういった老朽化が目立ってきます。残念です。さらに昔は繁盛していたであろう売店が廃墟のようになって放置されています。

 

 

③醍醐味の1つである参道のお店が寂しい・・・

DSCF1310

DSCF1319

DSCF1320

伊勢神宮や太宰府天満宮に行くときなど、意外とこういったお店やグルメに期待をされている方も多いと思います。僕もその内の一人です。しかし水前寺公園ときたら、シャッターが閉まっているお店もたくさんあり、お世辞にも買い物がしたくなる雰囲気とは言えません。

 

昭和の雰囲気が残っていて良いと言えばそうなのかもしれませんが・・・

DSCF1317

今となっては鯉のエサが一番売れるのでしょう

 

 

パワースポットとしての水前寺公園

 

DSCF1284

 

さて、ここまで水前寺公園の問題点について見てきましたが、もちろんそれだけではありません。勢いには陰りが見えるものの今でも水前寺公園はパワースポットとして人気の観光地でもあります。水前寺公園のパワースポットをご紹介したいと思います。

 

長寿の水

まずは何と言っても「長寿の水」

DSCF1289

神の水、長寿の水と言われて魅力を感じないわけがありません。誰でも長生きしたいものですからね。

 

DSCF1298

続いては水前寺公園内にある出水神社です。

 

DSCF1299

熊本地震の影響からか修繕工事が行われていますが、出水神社も縁結びをはじめ、無病息災や商売繁盛などのご利益があるとされています。

 

DSCF1303

最後はやはりこの庭園にそびえ立つ「富士山」ですね。

DSCF1314

水前寺公園は、かの有名な東海道五十三次の景勝を模した庭園となっており、この雄大な姿が見どころとなっています。パワースポットかどうかはわかりませんが、パワーをもらえるような気がします。

 

 

まとめ

 

そんなこんなで今回は熊本が誇る観光スポットの水前寺公園についてリサーチしてまいりました。いろいろ調べていると、運営の問題など複雑な利権問題も絡み合って、この入場者数減に繋がっているようです。実際に地元の人でも水前寺公園なんて行ったことないよ、って方も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、歴史ある水前寺公園。

 

今でも多額の運営費用をかけて守っている施設だと思いますので、せっかくなら守りだけでなく攻めの工夫も取り入れて、もう一度熊本の絶対行きたい観光地と言われるくらいまで発展してほしいものです。

せっかく広大な敷地があるわけですから、見るだけじゃなく、楽しめる水前寺公園になると良いですね。

 

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事