blog

BLOGブログ

ARCHIVES

かなぴょん

どん吉(きち)だより 始まり編 ) 猫との癒し生活スタートしました。

don1
こんにちは ( `ー´)ノ
念願だった猫との生活を始めました。
お盆中に わがやの一員になった 「どん吉(どんきち)」は

雑種 オス 推定3か月。

 

かわいかろぅ(親バカ)

 

どん吉でも良し どん でも良し どんちゃん でも どんさん でも

どんきっつぁん でもよい 「どん吉」にしました。

 

※どんくさいからではなく めっちゃ元気で野生っぽいので

ちょっと鈍くさくなってほしい という気持ちもあります。。。。

 

 

トラウマありの 元野良ネコのコドモってなつくの?


 

don3

※後ろの子ではありません

 

「どん吉」は、野良猫で 一匹残され、
保護しようとしていた 人間たちに 昼も夜も
追いかけまわされていたらしく
保護してくれていた方も 「 大丈夫かな~・・・ 」 と
見ていたそう。

 

 

 

ある日 その方の家の前まで やってきたので
保護し、「里親募集」を始めました。

 

 

 

その情報を 友人から聞いて会いに行ったのが 「 どん吉 」

 

 

 

「 野良気質が 高いから じっくり可愛がってね! 」
と言われて 引き取って帰ったのですが、

持ち運び用のゲージに入れて 家まで車で走る事5分

 

 

「みゃー! みゃー!」とおびえまくり。
家に到着してからは、
きばって購入した大きめのゲージに入ってもらいましたが
とにかく 警戒。

don8
鳴いて鳴いて 鳴きまくり。
おもちゃにも見向きもせず、 常に警戒。

 

 

「 まずはゲージで慣らしてあげてね 」
っと 保護してくれていた方に言われてましたが
あまりの可愛さに ゲージから出して遊んであげようとしたら

逃げまくり、 隅っこに入って出てこなくなったので
仕方なく 捕まえて ゲージに戻す。

 

これが 良くなかったみたいで

 

さらに警戒しまくり お怒り気味(`Д´)
ちょっと通り過ぎるたびに、
「ふーっ ふーっΣ(`Θ´)=3」と言われる始末。
翌早朝 4時~5時ぐらいに
落ち着かず 鳴きまくって

「これは 何日続くのかなあ~」 とちょっと不安になりました。

 

 

 

 

やっぱり 初めはある程度距離は必要


 

 

don4

どん吉の鳴き声により、早起きしたまま
その日はスタート。

 

 

しかし トイレだけは 用意したところに
1日目から 一発でしてくれていて
それだけで感動( ;∀;)
1日目の反省を生かして(?)
ゲージからは出さず、 コミュニケーションは
名前を呼んであげるぐらい。
餌と トイレのお掃除をしっかりとやり
ある程度距離をとって 接してみました。
だいぶ落ち着いてきたものの たまに近距離になりすぎると
「ふーッ」 は、相変わらず。

 

でも、

3分程度 ゲージ越しに おもちゃで遊んであげる時間を 2回ぐらい取りました。

 

don2

 

 

 

 

 

 

ようやく心を開いてきた?!


 

 

3日が経過して、 餌をあげるときに ゲージに近づくと

自ら体を摺り寄せて 甘えてくるように。。
さらに のどをグルグル言われてくるようになったんですよ。

 

don7
ただし、 まだゲージからは出さず そこで
頭を撫でたり 首をさすってあげたり。

大きく動くと まだたまに 「 ビクッ 」 として
離れたりするので
ゲージから出してあげたい気持ちはあるのですが
まだまだ 部屋の中を自由にするには 時間がかかりそうだなぁ~と。

※脱走の恐れもあり

 

 

 

 

そして 1週間が経過した現在は・・・


 

don6

 

初めのころよりだいぶ安心して 眠るように。

 

 

ゲージから

ぴょこんッと飛び出してくるようになりました。

でも やっぱりまだまだ 落ち着いた感じではないので
無理やりではなく おもちゃなどで誘導して ゲージに戻すようにしています。

 

don5

 

最後に
どん吉(3か月)お気に入りの おもちゃはこれ。

 

don10
毎日ボッコボコにされてます ( `ー´)ノ

 

 

 

この人が書いた記事

かなぴょんの記事をもっと見る

関連する記事