blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

超巨大お好み焼きで人気の高専ダゴ!果たして完食できるのか

高専ダゴ

こんにちは。さむけんです。

今日は前々から気になっていた「高専ダゴ」にやってきました。

高専ダゴは、有明高等専門学校近くの学生食堂として、学生さんたちに安く、お腹いっぱいに食べてもらいたいという先代の想いから生まれたお好み焼き屋さんです。

今では荒尾本店の他に5店舗があります。さっそく行ってみましょう。

 

 

高専ダゴ名物「スペシャル」をオーダー


高専ダゴ スペシャル

高専ダゴのメニューはお好み焼きと焼きそばがメインで、その中でも多くのお客さんが注文するというのが「スペシャル」です。

ご多分に漏れず、僕もスペシャルをオーダーいたしました。

 

 

スペシャル

スペシャルと名が付くものに悪いものはないと信じて生きてきましたから、とても期待が膨らみます。

 

高専ダゴ 熊本

と、言ってる間にボールに具材が入って運ばれてきました。

 

 

高専ダゴ

おばちゃんが豪快に、ボールをひっくり返して生地を広げていきます。

 

高専ダゴ

中にはイカ、麺、お肉、卵が入っています。

 

高専ダゴ

気がつけば、鉄板一面にお好み焼きが拡がっています。

 

高専ダゴ

この時僕は確信したのであります。お持ち帰りしようと。

 

 

高専ダゴ

そして次に気になったのが、この巨大なお好み焼きをどうやって裏返すのかということ。

 

高専ダゴ 熊本

行きます・・・

おばちゃんひっくり返しますよ・・・

 

高専ダゴ

 

ビターーーーン

 

 

けたたましい音と共に、見事に巨大お好み焼きが着地しました。

それはまるで授業中に華麗な受け身を披露する体育教官のように美しい着地でした。

 

高専ダゴ

ほどよく焦げ目ができてきましたので、

 

高専ダゴ

特製の甘口ソースをたっぷり塗ってもらい、

 

高専ダゴ

青のり鰹節をかけて完成です。マヨネーズは別売りというのが少し残念です。

 

高専ダゴ

それではいただきます。

 

高専ダゴ

高専ダゴ

生地のふっくら感を追求する現代のお好み焼きにアンチテーゼを唱えるその食感はとても食べ応えがあり、ややもすると初見の人にとっては馴染みのない”硬さ”かもしれません。

 

しかしどうでしょう、2口目。

 

その板チョコのように真っ直ぐと口に運ばれてくる独特の形状が不思議と愛おしくなるではありませんか。

小麦粉の風味がダイレクトに鼻から抜けていき、そこに甘辛いソースがナイスアシストといったところでしょうか。

時折顔を出してくるゲソの焦げがまた憎い。

 

高専ダゴ

あれよあれよと一枚、また一枚進んでしまうのであります。

 

高専ダゴ

やや、このあたりで本日は〆とさせていただきたもう。

 

 

高専ダゴだけに降参だぞ。

 

 

なーんつって。

お後がよろしいようで。

 

 

エンタメ性抜群の高専ダゴ、みんなでワイワイ楽しめる場所です


高専ダゴ

残念ながら巨大お好み焼きを前に白旗を上げてしまいましたが、これを1人でたいらげていく人もいるようです。

この日も試合帰りの部活生らしき団体さんや、学生さんたちがたくさん来て、お好み焼きを楽しまれていました。

 

みんなでワイワイ昔ながらのお好み焼きをいただける高専ダゴ、ぜひ行ってみてください♪

 

それでは!


高専ダゴ 山鹿店

住所:熊本県山鹿市中央通404

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事