blog

BLOGブログ

ARCHIVES

田中真由子

節分に豆まくなんて時代遅れでしょ?これからは柊鰯(ひいらぎいわし)で決定よ



みなさん、こんにちは!まゆです。

 

先日エフにもデスノート風の鬼が来てましたね~!怖かったです。



節分といえば、豆まきと恵方巻を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、

豆をまいて鬼退治するなんて時代遅れ!

 

こんな豆まきじゃ厄除けがまだまだ足りないと思った私は、愛するエフを守るべく水面下で動いておりました。

 

今日はそのスペシャルな厄除け方法を皆さまに伝授します!ぜひ、来年のご参考に!

 

 

これからの時代は柊鰯(ひいらぎいわし)で決定よ


豆まきに代わる厄除けの方法を探していたところ、どうやら東日本では「ひいらぎいわし」なる風習があるようです。

いわし?鰯? お魚のことです。

 

諸説ありますが、鬼はいわしなど「魚の匂い」が苦手とのこと。

さらに焼いた時の「煙」も鬼除けに効果的とのこと。

そして、尖った柊は鬼の目を突く・・・まさに最強の厄除けということが判明しました。

 

これよ、これこそが次世代の厄除けよ。

 

 

では「柊いわし」の作り方です


 

真面目なので、きちんとお手本サイトを見ながら作成します!

 

①鰯を用意します

失敗したらいけないので、3尾用意。新鮮です。



 

②こんがり焼きます

早朝の実家にて、状況が飲み込めずにいる母に焼いてもらいました。戸惑いながらも協力的です。



 

③焼き上がり

普通に美味しそうに焼けました。本当に鬼も恐れる厄除けになるのでしょうか・・・。

頭以外は我が家の朝食へ。



 

④頭は会社へ



私はとんでもないものを手に入れてしまったのかもしれません。

 

 

⑤柊の枝を探します

ハンズマンに探しに行かなきゃ。と思っていたら、「家の庭にあるよ」と母ナイスアシスト。そうそう、これこれ!

材料は全て揃いました。



 

柊の枝を焼いた鰯のエラから目に向かって刺します

「鬼の目を突く」という意味で、目を貫いた方が◎ そのために予め、柊の枝を斜めにカットしておいた方が、刺しやすくて◎



 

完成

前日の準備から大変でしたが、ついに完成しました。すでに愛着が沸いています。



ひいらぎイワシかわいい♡

 

 

柊鰯が完成したら、風通しの良い玄関に飾りましょう!


 

室内に飾ってはいけません。

人によっては、いわし臭で仕事に集中できなくなる可能性があります。

 

ただ、鬼が入って来るのを防ぐためのものなので、思い切って玄関に飾りましょう。

会社の綺麗なガラスに飾ると怒られそうですが、

他の社員たちは忙しそうにしているので、こっそり飾ることにしました。

 



 

飾っているところに、TAKAちゃんが登場。



早くも花粉症対策を施しているTAKAちゃんは無反応。

ものすごく哀しそうな表情でこちらをみて、どっか行きました。

 

 

 

続いて、なべちゃんもやってきた。

 



不思議そうに見つめていますが、静かに受け入れてくれました。

 

 

最後にやってきたのは、HICさん



なんと拝んでくれました。ブログをご覧になっている皆様やエフに福が舞い込みますように!!

 

 

 

それでは柊イワシの振り返りを


完成までは、長い道のりでした。と言っても7~8割は母の協力あってこそで、1人では完成していなかったかもしれません。

 

お母さんありがとう。

 

スーパーにイワシが売ってあることも知らなかったし、焼くのもなかなか・・・

 

しかし、そんな私でも 手軽に美味しいお魚を手に入れることができます。

おつまみ探検隊さんでは、おやつ・おつまみにおすすめの商品がたくさん販売されています。

 

食べだしたら止まらなくなる「アーモンド小魚」をはじめ、



 

食べごたえ抜群の「サクッとごまいわし」など。こんなにビックサイズ!サクサク食感がたまりません!



 

おや?エフの末っ子的存在のはっすんは、お魚が苦手なはず・・・



はっすん 「これは僕でもイケます!食べれます!やったー!今日また一つ成長できたぞ!」

一同   「!!

 

何と喜ばしいことでしょう。きっとまだ成長期真っ只中なはずなので、小魚でカルシウムをたくさん摂ってください。

ちょっとひと息つきたいときに、つまめるおやつはいいですね~!



 

食べ終わったら、ジップを閉じて保管できるのも嬉しい♪



チーズおやつなどで有名なあの扇屋食品さんのブランドで、可愛いデザインのサイトなので眺めているだけで私は楽しいです。よかったら、ご覧ください(^^)

おつまみ探検

 

以上、裏節分レポートでした!

 

 

この人が書いた記事

まゆちゃんの記事をもっと見る

関連する記事