blog

BLOGブログ

ARCHIVES

佐々木貴大

【夏バテ対策】1日1個の梅干しを食べるだけで疲れしらずの体になるって本当?

 



 

こんにちは。TAKAです。

 

最近、雨が続きますね。

 

皐月(さつき)雨は、降ったり止んだりを繰り返して

季節の色を魅せてくれます。僕はその澄んだ景色が好きです。

 

ところで、もうすぐ夏ですね。

 

去年は夏バテして食欲がなくなって

気だるさが続いていた記憶があります。

 

そこで今年こそは、夏バテ対策に梅を使って2018夏を乗り切りたいと思います!

夏バテ対策の一つとして、「梅干し」について言及していきます。

テーマは「1日1個の梅干しで疲れ知らずのカラダに!」

 

 

梅には疲労回復効果のあるクエン酸が豊富!


 



 

クエン酸は、人間の体の中にエネルギーを作り出すのになくてはならない成分で、

体内ではクエン酸サイクルによりクエン酸をエネルギーに変えています。

クエン酸が少なくなると、体の働きが悪くなるので

エネルギーのを作り出す量が少なくなり、疲労や夏バテに繋がってきます。

 

また、クエン酸は血液をサラサラにする効果もあるとのこと。。

ただ、普通に食べただけでは効果が出ません。

「加熱」をすることで糖分とクエン酸が結合して

ムメフラールという新しい成分が生まれます。

(※加熱しないと出てこないので、焦がさない程度に焼いて食べてくださいね。)

 

などなど、、クエン酸には他にたくさんの働きがあるので

体調がすぐれない時や疲れた時に酸っぱいものを欲しがるのはそのためです。

 

 

梅干しは殺菌効果がすごい!


 



 

梅干しの効能として、一番有名なのは「殺菌効果」。

梅干しの香りに含まれる安息香酸(あんそくさん)により、防臭作用があります。

お弁当や、おにぎりに梅干しを入れるのはこのためだったんですね。。

 

「お弁当箱に梅干しが入っている回数は、作ってくれた人の自分に対する愛情!」

と覚えておきましょう。

 

 

一日一粒で美容効果に期待!


 



 

梅干しを食べた際にでる、唾液には

食欲増進や殺菌の効果があるだけでなく、赤ちゃんのよだれと同じ成分、

パロチンという若返りホルモンも一緒に分泌します。

 

女の子大好き若返りホルモン!

 

その他に、ポリフェノール類による糖尿病の予防作用、

血圧上昇を抑えて動脈硬化を予防する効果、カルシウムの吸収を助ける働きなどなど。。

 

ヘルシー効果多い!!

 


多彩な食べ方に、一味違う梅干しを


 

効能を知って、明日から梅干しを摂りたいと思った方に

紹介させて欲しい梅干しが「梅南高苑」の梅干し

 

和歌山県産の紀州南高梅なのに破格の安さ!

商品ひとつひとつもレビュー数が多いので信用があります。

 

中でもつぶれ梅シリーズが人気商品です。

 

 

 

■訳ありつぶれ梅 【はちみつ】



 

容量も選べます。

 

はちみつ漬け400gはちみつ漬け500gはちみつ漬け1kg

 

他にも容量様々あります。。気になる方はコチラから

 

 

 

■訳ありつぶれ梅 【しそ漬け】



 

容量も選べます。

 

しそ漬け400gしそ漬け500gしそ漬け1kg

 

他にも容量様々あります。。気になる方はコチラから

 

 

 

梅酒を愉しむ粋な生き方


 

上記で紹介した梅干しだけだはなく

梅酒・梅ジュースを作るための冷凍青梅も販売されております。

 

(去年、知人が梅酒を作っていたので興味が湧いたTAKA)

 



 

 

なぜ冷凍なの?

 

梅ジュースを作る期間は

常温の青梅で作った場合は約1か月

冷凍の青梅で作ると約1週間~10日程で出来るとのこと。

 

時間かけてできた梅酒は愛着がわいて凄くおいしい!(知人体験談)

 

これはこれは。今年の夏はチャレンジしたいです。

 

 

 

健康への簡単な取り組みに1日一粒の梅干しを食べるだけで


 

 

梅干し一つで色んな健康効果、愉しみ方がありました。

 

朝、一粒食べればいいもの。

 

色んな食事にトッピングして食べ合わせるのも愉しみが増えますね。

 

これだけで夏バテ解消できたらいいなぁ。。(´∀`)

 

 

TAKA

この人が書いた記事

たかちゃんの記事をもっと見る

関連する記事