blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

熊本で開催されたヒビキフェスに行ってきました



えー、どうもこんにちは。

先日熊本で開催されたヒビキフェスに行ってきたんですが、今回はその様子をレポートすると共に、少し感じたことがあるのでそれを書きたいと思います。

 

 

ヒビキフェスとは?




今回僕が参加してきたヒビキフェスですが、

どんなフェスかといいますと、

2015年から開催されている地元密着型野外フェスティバルで、今回が4回目となる音楽フェスであります。

 

会場は「四季の里」という菊池にあるアクティブツーリズム複合施設で、そこの芝生広場でフェスが開催されました。

 

 

音楽にグルメに、お酒も楽しめる・・・のに?




会場内にはこんな感じでケータリングカーもたくさんやってきていて、音楽を楽しみながら、グルメに舌鼓をしながら、そしてそして、お酒に酔いしれながら踊れる・・・

 

 

はずなんですが、

 

 



どうでしょう、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

来場者がめっちゃめちゃ少ない・・・

 

 

入場無料だというのに・・・

 

 

天気もいいはずなのに・・・

 



会場内があまりにものんびりし過ぎているせいか、ステージ上のアーティストからも

「みなさん盛り上がってますかー??」

の声が虚しく響き渡ります。

 



ちなみにこのフェスは夜の9時まで開催されていたんですが、

夜のステージになるとさらに人が少ない・・・

 

まばらな人数の中、爆音でDJタイムが繰り広げられているといった様子。

ケータリングカーの営業も夜までちゃんと行われているのに、お客さんはほとんどいません。

 

 

僕が感じた「無料フェス」の限界




さて、このヒビキフェスなんですが、

僕が行ってみて感じた率直な感想は、

 

「なんでこんな素晴らしいフェスなのに人がいないんだろう?」でした。

 

そりゃもちろん、日程的に9/22〜9/24の3連休は熊本中で様々なイベントが重なっていたので、他のイベントに人が流れちゃったとかはあると思います。

 

 

でも、こんなに素敵な会場で熊本市内からもそんなに遠くなくて、楽しい雰囲気のフェスなのに人が少ない。

 

 

実際に行ってみるとわかるんですよ。すごく良い空気感なんですヒビキフェス。

やっぱり外で色んなアーティストの曲を聴けるのは心地良いものなんです。

 

 

人々がヒビキフェスのステージをぼんやり眺めているのを尻目に僕は考えていました。原因は何だろうと。

 

 

僕なりに考えた結果・・・

 

 

「ヘッドライナー不足」だという答えに行き着きました。

 

 

やっぱり一人くらいは「誰もが知ってる大物アーティスト」がいないとフェスの集客って難しいんじゃないかと。

 

大物アーティストの参加費がどれくらいなのかは想像もつきません。

 

もしかしたらめちゃくちゃ高額なのかもしれません。

 

でも、そうだったら1000円でもいいから入場料を取ってでもヘッドライナーを呼んだほうがいいんじゃないかと思うんです。

 

僕はこの会場の空気感が好きなので、来年も開催されるのであれば行きたいと思います。

だけどできるならもっと大勢の人で楽しみたいなぁと。

 

ぜひ、来年はさらなる盛り上がりをよろしくおねがいします!

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事