blog

BLOGブログ

ARCHIVES

あこ

伝統の技!小国町で日本の良さを感じませんか?



ども、あこです。

 

木枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

もう12月なのですね…もう今年が終わってしまうとは…
年末になるといつも何かやり残しているような気になります。

なんかあったような…

まぁ、大体は来年でもできる事なんですけどね。

 

それはさておき…


 

先日、またしても小国町に帰郷しまして法事に参加してきました。

その法事が『成道会』というお釈迦様がおさとりを開かれたことをお祝いする行事のことで、

お世話になっているお寺に行き、地域の檀家さん達と一緒にご法話を聞きました。



 

私の以前のブログで仏像について熱く語った記事があるのですが、

実家は先祖代々曹洞宗でして、小さい頃から仏教に馴れ親しんで育ちました。

それもあって日本の文化とか伝統が好きで、

大学時代は日本画を専攻して描いていたりしていました。

 

 

I LOVE 日本の伝統!

I LOVE  ジャパニーズ文化!!

☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ-ィ!!!

 

 

今回は梵鐘落慶式もありここの住職さん以外に

阿蘇郡内の同じ宗派のお寺から4人の住職さんも来られ、とても華やかな式でした。



ここのお寺では太平洋戦争中に鉄不足により供出されてしまい、ずっと梵鐘がありませんでした。

なので生まれてこの方、ここのお寺で年末の除夜の鐘を聞いたことも、鳴らしたこともありません。

 

そこで今回一部の檀家さんがお寺に寄付する形で、梵鐘が奉納されることになりました。

 

実に七十四年ぶり!

 

今回の式は実に貴重な体験でした。

除幕式が終わった後は梵鐘を鳴らせて頂きましたが、深みのある重低音の余韻が響き渡りとても心地よかったです。



 

今回の梵鐘を製作したのは梵鐘製作において日本一を誇る、

富山県高岡市の株式会社老子(おいご)製作所さんの所で約2年の歳月をかけて製作して頂きました。

 



 

あの広島の『平和の鐘』京都の西本願寺、三十三間堂、成田山新勝寺などの梵鐘を手掛ける

日本一の鋳物づくりの会社です!

 

鋳造される梵鐘は起業以来から変わらず全ての工程を手作業で造っています。

『いま』がある先人が築いた伝統を大切に、新しい鋳物の『未来』を築いていく。

その想いを職人さん達の高い技術で守られています。

 

 

数ある作業の中で、型に青銅を流し込む大事な工程を実際に行ってきましたが、

職人さん達の技に見惚れてしまいました…

 



 







 

日本伝統を守る職人さんってかっこよすぎる…!(ポッ///)

 

色んな人達の想いがあってこの梵鐘ができたと思うと、鐘の音に重みを感じますね。

この先何百年も残る梵鐘の最初に立ち会えたことに有難みを感じた日でした。

除夜の鐘を鳴らすのも楽しみです。

 

 

そんなこんなでお昼時


 

 

今日はおめでたい日なので、家族で近くのお店にGO。

何かと家族行事でお世話になっている、

日向草さんにお邪魔しました。

 



 

数年前に県外から小国に引っ越されてきたご夫婦。

京都や広島の名店で修行を積んだ、和食一筋のご主人と、

おもてなしの心で幸せな気持ちにして下さる素敵な奥さんが切り盛りしている

とても素敵で魅力的なお店です。

 

 

とにかく料理が絶品&芸術品!!!!!!

 

 

まずは前菜から紹介。

 

 

全ての料理に必ず付いてくるのが日向八寸(前菜)!



どーです、この美しさ。

季節に応じて変わる日向八寸は、食べる前から魅了されちゃいます。

器も前菜の盛り付け方ももはや芸術。

それに比例しておひたしや和え物の美味しさに感動します。

 

シンプルだからこそ素材の良さを最大限に引き出しているのが舌で良く分かります!

個人的にここのほうれん草のおひたしが大好きです。

 

この日向八寸を楽しみにくるお客さんも多いみたいです。

 

そりゃそうだ、一度見たら忘れられないもん…!

 

 

一つの器に人数分の前菜を持っているので、家族みんなで舌鼓を打っちゃいます。



 

 

今回頂いたメイン料理は、

前日までの予約のみでしか食べられない黒毛和牛のステーキです

 

 

見てこのお肉のボリューム!!!!

 




また盛り付けが食欲をそそります…じゅるり。


左上は天然の水晶盤で、お好みで焼き目をつけて頂きます。

お肉その物も美味しいですが、自家製の薬味をつけると更に味の幅が広がって楽しめます。



日向草で出される日本酒は料理との相性がとっても良くて、幸せ倍増です。

 

ランチに1500~3500円はちょっとお高いと感じる方もいると思いますが、

全ての料理に八寸が付いて、文句なしのご主人の絶品料理を舌鼓できて、

更にご夫婦の心からのおもてなしを考えると、

 

 

すっごくよき。(語彙力の無さ)

 

 

帰りは奥さんがいつも素敵な笑顔でお見送りをしてくれます。

たまに店主さんも厨房からわざわざ出てきて下さることがあるので、

直接、料理の感想をお伝えすることもできます。

 

 

個人的に本っっっっっっっっ当におすすめなお店です!

日向草に行ったら絶対また行きたくなりますもん。

それに近辺にはわいた温泉もあるので、

美味しいご飯を食べて、気持ちよく温泉に入って…と

日帰りで楽しむこともできます!

 


ただ残念なことに、1月19日(土)をもって、閉店することになりました…(´;ω;`)ぐすん


 

何故かというと奥さんの故郷である広島でお店を開くからだそうです!

 

 

 

 

よかったー!日向草の味は永久不滅です!

 

 

 

 

とにかく美味しいから!すぐ行って!

 

PC消して早く行って!

 

ブログなんて後でいいから!

 

早く!

 

 

日向草さんの評判の良さはこちらを見てね

 

 

ところで…


 

 

日向草のご主人は料理の技を磨く為に京都でも修行をされていました。

 

京都と言ったら食の都ですもんね

エフでも数々の京都の美味しいものをご紹介してきましたが、

今回おすすめしたいのは、

 

京都発!Mei'Teble(メイズテーブル)さんの

2度選べる!お試しセットです!





 

私も生クリーム食パンとバターデニッシュをいただきましたが、

バターの濃厚な香りと味が口いっぱい広がります!!!

1回食べただけで虜になってしまいました…きゅん

パンの香りだけで食欲がそそられるメイズテーブルさんの食パン!

是非ご賞味ください!

この人が書いた記事

あこの記事をもっと見る

関連する記事