blog

BLOGブログ

ARCHIVES

あらちゃん

【中田式読書術】YouTube大学



今年は大吉!!
どーも!あらちゃんです\(^o^)/

正月は姪っ子とYouTubeを観ながらパプリカを踊って過ごしました〜♪
( T_T)
#姪っ子ロス #正月休み終了 #米津玄師(げんし)だと思っていた

そんなYouTubeにドハマリ中の自分が気になる動画を見つけたので
ちょっとご紹介

 

【コラボ】中田敦彦さんの読書術を初公開


教育系YouTuberの2大巨頭といえば、メンタリストDaiGoさんと、「オリラジあっちゃん」中田敦彦さんですよね!そんな二人が夢の共演♪
2019年一番ハマったのが、「中田敦彦のYouTube大学」
そして、自称読書好きな自分
こんな刺激的なタイトルの動画を見逃すわけにはいきません・・!
↓↓↓



【コラボ】中田敦彦さんの読書術を初公開

その中でもポイントなる点や共感できた点をいくつかご紹介したいと思います!

 

1回読んだだけでは頭に入らないということを受け入れる


・・・むむ、ついつい1度で完璧に理解しようとして挫折してしまいがちな自分には目にウロコ。
飛ばしながらでもいいから一度全体を通して読んでみる。
なんとなく全体をサーっと読んでから、もう1回今度はゆっくり読む!
このやり方は受験勉強にもオススメ!!

 

本の全部をもらおうと思わない。


本を読むことに対して、みんなすごいプレッシャーを感じ過ぎ!
全部読みなさい、読んだからには理解しなさいと考えてしまいがち。
全部読まなくていいし、面白いところだけ理解すればいいし、一発で理解しなくてもいいんです!!

 

途中の軽アウトプット(味見)


読書しながら、読んだ途中のところまででいいから印象を友達に喋ってみる。
例えば、『〇〇という本』買ったよ〜。「まだ、前半しか読んでないんだけど、結構面白いよ。なんか、〇〇で〇〇で、〜らしいんだって」「その続きをこれから読むんだけど、面白くない?」みたいな。
これぐらいのアウトプットでも、かなり復習できるらしいです!!

確かに本の半分ぐらい読んだあたりで、どんどん序盤の内容から記憶が薄れていく気がします・・!
途中で軽いアウトプットをすることで、続きを読むモチベーションにも、記憶の定着にもなりそうですね!!

 

あまり背伸びをしない


同じテーマの本がある中で5〜6冊本棚の中に並んでいたら、「柔らか〜い」本を手に取る!
(背伸びして難しい本にチャレンジしない)

本屋に行っている時ってテンションが上がり切っているので、つい難し目の本を選びがち。
そういう本に限って、いわゆる積読的な感じで読まなくなった本っていっぱいありますよね?
それをやりすぎると、私って、僕って、本を買っても読めない奴っていう劣等感になっちゃう。

そのためにも、中田さんは柔らかい本をまず選んでいる!
たとえば、漫画とかイラストが多い本など!

↑この考え方が前回のブログにも書きましたが自分の考え方とドンピシャで思わず興奮してしまいました!
こういう考え方の共通点があると思わず惹かれてしまいますよねーますますファンになってしまいました!

 

直メモ


みんな本を神聖なものとして捉えすぎ!!
汚しちゃいけないんじゃないかと勘違いをしている!!
中田さんは、帯もすぐ捨てるし、文字もめっちゃ書くらしいです。
本は汚して良いんです!
著者と僕が付き合った形跡だから、これは全然失礼じゃないと思いながら書く!!

そして、中田さんの凄いところはこの直メモを本の見返しにペラ1でまとめているんです!
これは実際に動画でのチェックをオススメします!

ついつい自分も本を神聖視しがちなので、これからはどんどん汚していきたいと思います!!

 

コミックのチカラはすごい


これについては動画でチェックしてみてください!
中田さんの幼少期の話もあり、ついついなるほどな〜と納得させられました笑

 

新しい本の読み方のご提案


前回のブログでマンガ版で全体をなんとなーく把握してから、
専門書を読むことで、理解しやすい!と提案させていただきましたが、
この度、新たな読書術を提案させていただきます!!

「YouTubeで本の解説(要約)を観てから本を読む」

視覚と聴覚を使って学ぶことって、やっぱり記憶にも残りやすいと思います!!

 

本好きが一度は挫折した!?7つの習慣


そんな中田敦彦さんが現在進行系で7つの習慣の解説をYouTubeで行っています!
これを機に自分もコヴィー先生にリベンジしたいと思います!


読書で疲れた脳へ




駄菓子ワールドのバレンタイン特集

 

・・・義理でも構いません(T_T)

この人が書いた記事

あらちゃんの記事をもっと見る

関連する記事