blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

【特定色域の選択】Photoshopで狙ったところだけの色を変える方法

特定色域の選択

さて、やってまいりました写真のレタッチ講座。

本日ご紹介するレタッチは写真の一部分だけの色を調整する

「特定色域の選択」です。

とっても便利で、使用頻度も高い技となります。

 

ネットショップ用の物撮りを数多くやっているのですが、

一時期、梅干しだけを撮り続けるということがあったので

やはりその梅干しの真っ赤な姿を見てる人にお伝えしたい気持ちが生じます。

 

しかし、ライティングやホワイトバランスの調整など、

撮影環境の調整だけではどうしても輝いてくれない梅干しもあります。

とくに、はちみつ梅などの梅の赤みが少なく茶色いものですね。

 

そんなときは潔くPhotoshopで撮影後にレタッチする前提での撮影に切り替えます。

 

特定色域の選択とは


 

特定色域の選択とは、他の色に影響を与えることなく狙った色だけを細かく調整できる

Photoshopの機能となります。

例えば先ほどの梅干しの例でいくと、

真っ白なご飯の上に乗った梅干しの赤色だけを調整したい時などに

ご飯の白さを損ねることなく調整できる機能です。

 

さっそく使ってみよう


 

まずは補正したい画像をPhotoshopで開きます。

今回はこちらの素材を使います。

特定色域の選択

ごはんの上に乗った梅干しですが、

梅干しが少し茶色がかっていて万人受けするような梅ではありませんね。

この「万人受けする」というのはけっこう大切で、

特に通販用の食品などは奇をてらわずに、「これこれ」っていう

みんなが普段よく目にする良い写真にすることが求められます。

 

 

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「特定色域の選択」といきます。

特定色域の選択

 

 

ちなみに調整レイヤーは上部のメニューからだけでなく

画面右端のパネルからも選択できます。

むしろこっちのほうが早いのでこちらを多く使います。

 

特定色域の選択

 

 

これが特定色域の選択画面です。

Photoshop

 

 

今回は梅干しの「赤色」を狙って調整したいので

「カラー」をレッド系にします。

 

tokutei3

 

 

続いて、

その下の「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」のバーを

左右に調整して好みの赤色に仕上げていきます。

 

 

特定色域の選択

 

 

今回の梅干しでは

シアン-30%

マゼンタ+28%

イエロー+10%

ブラック0%

で調整してみました。

特定色域の選択

 

ちなみに

操作画面下部にある「相対値」「絶対値」は必ず「絶対値」を選ぶようにしています。

なぜかというと、相対値だと変化の具合が弱くなるため、絶対値で調整をかけてしまいます。

 

さて、赤みを増した梅干しがこちらです。

 

特定色域の選択

 

 

並べてみるとわかりやすいですね。

 

 

特定色域の選択

 

 

まとめ


 

今回は梅干しを調整しましたが、

例えば街並みを撮った写真の青空だけをもっと青くしたい場合や

人物の目だけをもっと黒くしたいときなど、

様々な場面で応用が効くとっても便利かつお手軽なテクニックなので

ぜひとも活用されてみてください。

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事