blog

BLOGブログ

ARCHIVES

川ちゃん

改めて!SEOの基礎から学んでみませんか?

395f0ac51fb5e481cf7a808dc1b537a7_s

こんにちは~川ちゃんこと川村です!

最近yahooショッピングのあまりにもポイント付与が多いことに気づき

 

yahooカード、yahooプレミアムに入ってポイント貯めまくろうとしている

 

川ちゃんですが、yahooもついに本気出してきてますね~。

 

4月からはポイント付与料率2.5%に上がるということで、今よりももっと

ユーザーのポイント付与が上がるんじゃないかと個人的には期待しています!

 

でも出店側からしたら「なんでやねん」ってことでしょうねwww。

 

それはさておき、今回はSEOについて着目してみました。

HTMLタグをいくらチューニングしても、キーワードをいくら詰め込んでも、情報の価値が向上するわけではありません。
価値のともなわない小手先の検索エンジン対策に走るのではなく、中長期的な視野で価値の高い情報発信こそがSEOの醍醐味です!

 

 

 

そこで今回はSEO対策を学べる書籍、webサイト10選です!


 

 

っとその前に本格的にSEOを考える前に
SEOとはなんぞや?
その意味と考え方を学んでおきましょう!

●SEOとは


 

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化です。
検索エンジン最適化とはサイトを検索者(検索ユーザー)に最適化することを意味し、SEOとは検索者に求められるサイトを制作・運営していく取り組みの事です。

 

 

●考え方の基本


 

検索者のニーズに沿った有用で高品質なコンテンツを継続的に制作・発信していくことです。
まずはユーザーの欲しい情報を考え、検索者の立場になって物事に着目しなければ何も始まりません。

 

 

●着目点とは


 

•検索者が抱えている課題や問題、疑問、質問は何か
•使用する検索キーワードはどのようなものか
•検索結果に求めるもの、より深く満足できるものは何か
•検索者にとって役立つ知識とはどのようなものか
•他者と共有したくなるコンテンツとはどのようなものか

 

 

検索エンジンは検索者と知識をつなぐ役割を担っています。
検索者の知識となる情報を提供することがSEOの役割です。
SEOはひたすら検索者と向き合うものでなければなりません。

 

 

 

上記を踏まえたうえでこれからお勉強に励んでください!


 

まずは書籍から


①検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

 

SEO本初のベストセラーとなった『検索にガンガンヒットする
ホームページの作り方』の最新リニューアル書籍です。商用Webでは
今や当たり前となったSEO対策に、はじめて取り組む方向けに、
超教科書的・王道を行くノウハウが満載の一冊です。

 

 

 

②WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

 

「ソーシャルメディアをどうSEOに活用するのか?」 「SEOに強いWordPressのカスタマイズとは?」
「今」通用するSEOノウハウが詰まった、ソーシャルメディア時代の新しいSEO指南書。
SEO初心者、中級者、上級者の方まで、新しい「気付き」を手に入れていただける一冊です。

 
③SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

 

「SEOはWeb担当者が行うものだ」と思い込んでいませんか?

ディレクトリーやデータベースの設計、サーバー負荷の軽減、サイトの移行計画など、
エンジニアが行うべきSEO対策はたくさんあります。
本書は、まったく新しい切り口で「エンジニアのSEO技術」を解説します。

 
④いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

 

業種・ジャンル別キーワード一覧も用意されているので、自身が運用しているサイトにあわせて、実践的に利用できるところも魅力の1つです。

 
⑤10年つかえるSEOの基本

 

すぐに効かなくなってしまうようなテクニックではなく、
「検索エンジンは、どんなことをしようとしているの?」
「SEOって、なんのためのもの?」
といった変わらない“考え方”をおさえることで、目先のトレンドにふりまわされないための基礎が身につく、いちばんやさしいSEOの入門書です。
業界屈指の実力を誇るヴォラーレのSEO事業責任者・土居健太郎氏による待望のデビュー作!

 

 

 

⑥これからはじめるSEO 顧客思考の教科書 ~ユーザー重視のWebサイトを5つの視点で実現する

 

Googleによるアルゴリズムの変更は多岐にわたりますが、右往左往する必要はありません。
なぜなら、Googleが目指すのはただ一つ、「ユーザーにとって利便性の高いサイト」を上位に上げることだけだからです。
こうしたGoogleの判断基準を分析し、「ユーザー=顧客」にとっての利便性を、5つの観点で分類しています。

 

 

 

続いてwebサイトからも情報をバシバシ取れますよ!


 
⑦海外SEO情報ブログ

 

このブログは、SEOを中心にコンバージョン率アップやユーザーエクスペリエンス最適化、
アクセス解析をテーマにした僕の個人ブログです。
SEOに特化したブログとしては、日本でも3本の指に入る日々のアクセス数が多いブログのはずです。
⑧SEMリサーチ

 

インターネット検索業界動向からサーチマーケティング(SEM)を軸にしたウェブ戦略まで.
『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』と
『検索にガンガンヒットするSEOの教科書』著者のblog.

 
⑨SEO 検索エンジン最適化

 

自分で検索エンジン最適化を行うための方法や無料ツール、基礎知識、チュートリアルを掲載しているほか、
忙しいWebサイト制作者・Webサイト運用担当者に最適な最新ニュースも配信しているSEO/SEMの総合情報サイトです。

 

 

 

⑩SEO Japan

 

SEO Japanは2002年、日本初のSEO情報サイトとして誕生しました。当時日本に皆無だったSEOの関連情報を提供し、
日本におけるSEOの普及に大きく貢献したことも古くからの業界関係者の間では良く知られた事実です。

 

 

 

この人が書いた記事

川ちゃんの記事をもっと見る

関連する記事