blog

BLOGブログ

ARCHIVES

さむケン

火の国文龍に行ってきました!くまもとラーメン紹介 -3軒目-

DSCF1451

 

くまもとラーメン紹介3軒目となる今回は「火の国文龍 総本店」にやってきました。

店の上に鎮座する龍がダイナミックで、ひときわ目立つラーメン店です。

 

正直言って、こういう龍がド派手に書いてあったり、外観が派手すぎるらーめん屋さんは敬遠してしまう派です。なんか良い思い出がないんですよね。

その存在は知っていたものの、なかなか近づくことがなかった火の国文龍です。

 

bunryu

ところが、この文龍

なんと食べログのラーメンランキングで2位なんです。知らなかった

 

外観だけで判断してすみませんでした。。

どうやら熊本一のこってりを謳っているラーメンらしく、一度食べればどハマり必至とのことです。ほんまかいな。

 

DSCF1416

さて、お店に到着しましたが、まさかの駐車場に列が。さすがは熊本を代表するラーメン店です。

 

DSCF1448

赤を基調とした店内は店員さんの威勢のよい掛け声が飛び交い、活気で溢れています。

 

DSCF1421

ラーメンを待っている間に辛子高菜をいただきます。それほど辛くなく、程よい酸味があって食べやすい高菜です。

 

DSCF1420

カウンターには大量のにんにくが置かれています。さすがにランチでのにんにくは止めておきます。

 

火の国文龍

こってりラーメン(690円)の到着です。

 

DSCF1430

こちらはネギ大盛りラーメン

 

DSCF1439

お椀の柄かとおもいきや、背脂がたっぷりとフチまでかかっています。

 

DSCF1443

DSCF1445

まずスープですが、トロッとした舌触りと、とんこつのクリーミーな味わいが心地よく鼻に抜けていきます。臭みなんかも全然感じられず、想像していたよりも食べやすいです。これは美味い。

 

DSCF1431

レンゲに乗っているのは、唐辛子とにんにくを混ぜたような特製のタレです。ピリ辛要素が味のアクセントになります。まあ、個人的には純粋にスープを味わいたいので、この唐辛子タレは無くていいかもしれません。

 

DSCF1447

麺はオリジナルの多加水麺だそうで、文龍ではバリカタや硬麺は基本的に無く、お店独自の湯で時間で提供されるそうです。この麺がまたモチモチで美味い。

 

DSCF1438

チャーシューは薄切りで小ぶりの肉が3-4枚入っていました。とろけるチャーシューで美味しいです。

 

DSCF1444

 

前評判通り、クセになります火の国文龍。こってりラーメンといえば僕も大好きな天下一品がありますが、同じくらいのコッテリ具合です。濃厚でクリーミーなスープは似たものがあり、ごはんを一緒に食べると最高です。

 

 

まとめ


 

いやー、素晴らしいですね火の国文龍。これはたしかに熊本を代表するラーメンです。

最強のこってりが食べたい時は文龍で決まりです。意外と胃もたれもなくすっきりと食べれました。

 

あらためて熊本にも色んなスタイルのラーメンがありますね。

次回はどんな個性的なラーメンに出会えるでしょうか。

 

それでは第3回くまもとラーメン紹介でした♪次回もお楽しみに

 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事