blog

BLOGブログ

ARCHIVES

【水族館巡り】九州のおすすめ水族館「うみたまご」へ行った時の思い出


こんにちは!ボリーです。もうすぐお盆休みですね!


今年の弊社のお盆休みは、8/13~8/16の4日間なのですが、今年はコロナ流行の第二波の影響でなかなか気軽に県外へ旅行に行けず、とても残念です…。


いつかコロナが落ち着いたら、全国の水族館を巡りに行きたいです。


そこで今回は、少しでも旅行に行ったつもり&涼しい気分になるために、3年前に行った水族館「うみたまご」へ行った時の記録を振り返ろうと思います。


 


「うみたまご」とは?



うみたまご」とは、大分県にある、「動物たちとなかよくなる水族館」というコンセプトの水族館です。


その名の通り、普通の水族館よりも魚や動物に触れ合えるので、九州の水族館の中でも、三本指に入るくらい好きな水族館です。


 


うみたまごの魅力その1:セイウチのショーが楽しい



うみたまごといえば、何といってもセイウチのショーが一番の見所だと思います!

腹筋をしたり投げキッスをしたり、まるで中に人が入ってるのかな??と思うくらいに芸達者なセイウチのショーがとても楽しかったです!




 


ちなみにショーの最後に、セイウチに触れるタイムがあるのですが、すごく、ゴムみたいな感触でした。

間近で見るとものすごい迫力があります…!


※現在(2020年8月)は、ふれあいは中止しているようです。


 


うみたまごの魅力その2:あそびーちにいる動物たちの近さが尋常じゃない



うみたまごには、「あそびーち」という、動物たちがほぼ放し飼いになっているエリアがあるのですが、普通の水族館では水槽越しにしか見られない、アザラシやイルカが、なんと目の前で見られるのです!



本当にこのくらいの近さで見れるんですよね…すごい…。


しかもイルカは、運が良ければプールの際まで来てくれるらしいです。(私のもとには来てくれたことはないですが…泣)


ちなみに、現在(2020年)は、オットセイやペンギンもあそびーちにいるらしいので、ぜひいつかまた行ってみたいです…!




うみたまごの魅力その3:なぜか水中に住んでいる生き物以外の生き物もいる



水族館といえば、普通は川や海などの水中に住んでる生き物だけがいるというイメージですが、なぜかうみたまごには、ナマケモノやフクロウ、ペリカンやカメレオンがいます。








何で水族館にこの動物たちが…??と思いましたが、そんなうみたまごの寛大でゆるいところが、とても好きです。


 


いかがでしたでしょうか??SNSを調べてみると、3年前よりも更にパワーアップしているようで、ますますまたうみたまごに行きたくなりました!

気分だけでも涼しくなっていただければ幸いです!




おうちで涼しくなるための、おすすめの涼&健康ドリンク♪


水族館の写真で気分だけ涼しくなった後は、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。

そんな方におすすめのドリンクがこちらです!





こちらは、「フルーティーde酢」という、フルーツのお酢です!!

この暑い時期は、キンキンに冷えた炭酸水で割って飲むと、とってもさわやかで美味しいです!


あまり濃いめに割ると、酸っぱくなりすぎるので、フルーティーde酢1:水または炭酸水5~10の比率で割るのがベストです!



 


暑いこのお盆を、フルーティーde酢で快適に過ごしましょう!それでは!


 

この人が書いた記事

ぼりーの記事をもっと見る

関連する記事