blog

BLOGブログ

ARCHIVES

癖がすごい!B級サメ映画5選!



こんにちは。とみです。

御盆も終わり夏真っ盛り!
各地で最高気温を更新する酷暑が続いておりますが、皆様お変わりないでしょうか?
夏バテや熱中症にならないように、小まめな水分補給と、暑さ対策で、体調を崩されないようお気をつけ下さい。



さて。 今回は夏らしく「サメの映画」を5つ紹介したいと思います。
元祖サメ映画「ジョーズ」をはじめ、最近話題になった「MEGザ・モンスター」や「海底47m」等サメ映画は昔から人気のジャンルです。



また、こういった大作映画以外にも、低予算で作成された俗にいうB級映画が山ほどあるのも特徴。
狙っているのか予算ゆえなのか「どうしてそうなった???」というストーリーが多く、その癖の強さに沼にはまる人が続出しているのです。

では、行ってみましょう!



恐怖!水陸両用サメちゃん!




ビーチ・シャーク

【あらすじ】
地元の若者たちがビーチでパーティを楽しむ静かな島で、サメに食べられた死体が発見。しかし、発見された場所は満潮時のラインをはるかに超えた陸地のはずで……。マーク・アトキンズ監督、“水陸両用サメ”が大暴れするパニック・アクション。
参照元:TSUTAYA



海を飛び出し「海より陸が得意です!」っていう勢いで突き進むサメ映画です。
砂浜をすいすい泳ぎます。

後半では砂どころか岩まで砕く超パワーで、陸の人間をむしゃむしゃ補食。
1匹だけかと思いきや、結構な数で攻めてきます。

エラ呼吸だろうと砂まみれで泳ぐ!
サメは鼻先が急所だろうと岩にも突進する!

チートか。

中々の強者ザメですね。



恐怖!空飛ぶサメちゃん!




シャークネード

【あらすじ】
人食いザメとトルネードのダブルの脅威を描くパニック・ムーヴィー。突然カリフォルニアのビーチをハリケーンが襲い、荒波とともにサメの大群が現れる。さらに大量のサメを巻き込んだ巨大竜巻が発生し、ロス市民を恐怖のどん底に突き落とす。
参照元:TSUTAYA



B級映画の人気作で関連作品が5本出てる愛されサメ映画です。

サメが竜巻にのって飛来して、人を次々に襲撃する色々ぶっ飛んだお話です。

しかも、新作ごとにパワーアップ!

宇宙に行ったり、ジュラ紀に行ったりと、本気でとんでもストーリー。
ついでにファイナルではちゃっかり4DXデビューも果たしています。



とりあえず、画面からの情報量が多い。

色々突っ込みながら楽しむ映画です(笑)



恐怖!幽霊ザメちゃん!




ゴースト・シャーク

【あらすじ】
撃ち殺された巨大ザメがゴースト化し、人食いモンスターとなる。プールやシャワールーム、水たまりなど、水がある場所ならどこにでも出没するようになったゴーストザメの恐怖を描く、異色のモンスター・パニック。
参照元:TSUTAYA



サメ映画でも異色の幽霊ザメのお話です。
人に殺されたサメが成仏できずに襲ってきます。なんかごめんね。

幽霊だから神出鬼没にがぶっと人を襲うんですが、幽霊とてサメなので水がある場所からしか出てこれない。
でもお茶でも水たまりでも、水があればマジシャンの如くどこからでも登場。

強いのか弱いのかよく分かりません。

水っていうなら体内にある水分や空気中の湿度はどーなの?
淡水OKなの?海の生物なのに???

とか無駄に上げ足をとりたくなるのですが、そこも愛すべき設定の甘さです。



恐怖!怪獣サメダコちゃん!




シャークトパス

【あらすじ】
サンタモニカ・ビーチに現れたホオジロザメを飲み込んで消えていった巨大生物。半身がタコ、半身がサメのその生物はアメリカ海軍の極秘の合体生物兵器で……。デクラン・オブライエン監督によるパニック編。
参照元:TSUTAYA



サメ映画というかタコ映画というか。
サメとタコが合体した怪獣が人をバクバク食べながら暴れまわる映画です。

これも関連作品が3本出ており、回を追うごとにわちゃわちゃしてきて、2作目からはもはや怪獣大乱闘状態(笑)。

3作目の「シャークトパスvs狼鯨」とか任侠を思わせます。

溢れ出るB級臭…!!



個人的な感想としては、サメとタコと繋ぎ目が気になって仕方なかったです。
バッと出てきてササっと去っていくので、全体像がよく掴めない。
予算の関係で作りが甘いのかなぁとか思うと、尚更どうなってるのか見たくなりました。



恐怖!ハイテクロボザメちゃん!




ロボシャーク vs. ネイビーシールズ

【あらすじ】
アメリカ海軍が厳戒態勢を敷いていることを知る報道レポーターのトリッシュ。特ダネを掴むため現場を追跡しようとすると、巨大な生物兵器“ロボシャーク”が姿を現わす。ジェフリー・スコット・ランドーによるアクション・パニック作。
参照元:TSUTAYA



宇宙からやってきた機械生命体を食べたサメが、身体を乗っ取られたロボットザメとなり襲い来るハチャメチャ映画です。

ロボだから陸地だってOK!
ロボだから知能も人以上!
ロボだからインターネットも駆使!
ロボだから体から弾丸も出る!

これってサメな必要あります?

しかも、このロボサメさんTwitterのアカウントだって持ってる。
ヒロインとTwitterを通してお話しするんです。とんでもない奴ですね。

もう一回いいます。
これってサメな必要あります???



映画以外でもサメは人気者



いかがでしたか?
何か気になるサメ映画はあったでしょうか。

自信を持って面白いとは言えませんが、一度は見てみてほしい愛すべきおふざけ感。
どんなことでも許せる方は暇つぶしにぜひ。

さてさて、そんなサメちゃん割と人気のアイコンなのをご存じでしょうか?
水族館は勿論ですが、他にも色々とあるのです。

例えばちょっと前に話題になったイケアのサメのでっかいぬいぐるみ。



ヴィレッジヴァンの無駄に欲しくなるB級サメ映画ごっこができる「サメの抱き枕」。



最近ではTwitterで話題のかわいいサメガール漫画。




他にもサメグッズは探せばザクザク。
リアルは遠慮したいんですが、キャラクターにするとサメちゃん可愛いんですよね~。

スマホ関連アイテムを幅広く取り扱っている、コムワップさんにもサメ発見!!







AirPodsのケースなんですが、めっちゃかわいいですね(^^)


この他にもコムワップさんにはお洒落なアイテムがたくさん!
ぜひ自分にぴったりな商品を見つけましょう!

お店はこちらから

この人が書いた記事

とみーの記事をもっと見る

関連する記事