blog

BLOGブログ

ARCHIVES

【おうち時間】生まれて初めてブルーベリージャムを作ってみた時の話

こんにちは!ボリーです。


最近ようやくちょっとだけ涼しくなってきましたね!

秋といえば、梨や柿などおいしい果物がたくさん出てくるので、今からとても楽しみです。




そういえば先日、とみさんからブルーベリーをお裾分けさせていただきました!!


ブルーベリーといえば、スーパーなどで買おうとすると、ほんの少量で4~500円はする高級フルーツというイメージですが、なんと、こんなにたくさんいただいてしまいました!!



この量、もはやお裾分けというレベルを超えている気がします…(笑)

とみさん、本当に本当にありがとうございます!!!


生でももちろん美味しくいただきましたが、せっかくこんなにたくさんいただいたし、何か作れないかな…


 


そうだ!自家製ブルーベリージャムを作ればいいじゃない!!


 


ということで、自家製ブルーベリージャムを作ってみることにしました。




今までジャムというものを一切作ったことがないので、入念にネットで作り方を調べて、このような材料を揃えました。



 


【自家製ブルーベリージャムの材料】


・ブルーベリー…300g

・グラニュー糖…120g

・レモン汁…大さじ1


【使用する道具】

・鍋

・木べら

・はかり

・瓶(煮沸消毒して乾かしたもの)

・トング(煮沸した瓶を取り出すために使用)




さて、果たしてうまくできるのでしょうか??


 


自家製ブルーベリージャムの作り方(実践)


①ブルーベリーを軽く洗って、水気を切る


今回は、とみさんがお裾分けの時にすでに洗ってくれていたので、しっかり洗わなくても大丈夫でした。

何から何までありがとうございます。。。


②鍋に洗ったブルーベリー、レモン汁を入れて、弱火で加熱



加熱中は、鍋を焦がさないように木べらでしっかりかき混ぜるのがポイントだそうです。

この時点では、ジャムになりそうな感じがほぼないので、ちょっと不安になります。


③水分が出て、このようになったらグラニュー糖を2~3回に分けて入れる



加熱して3~4分経つと、ようやくジャムっぽい感じの姿になりました!

ここでアクが出たら掬いつつ、グラニュー糖を入れて混ぜていきます。


④水分が少し減って、とろみがついたら火を消して、瓶に入れる



木べらで底からかき混ぜたときに、鍋の底が見える位になったらジャムの完成だそうです!



ちなみに瓶に詰める作業は、バットの上でやると、ジャムがこぼれても舐められる…いえ、汚れないので安心です。


⑤瓶に詰めたら、水を入れたボウル等で冷ます



今回はボウルを出すのが面倒だったので、別の鍋に水を入れて冷やしました。


⑥瓶が熱くなくなったら完成!



今回は、できたてほやほやのジャムを、ヨーグルトにかけてみました!

では、いただきます!!



おいしい!!!!


初めて作ったわりには、味もとろみ具合もちゃんとジャムになってて、感動でした!

ジャムって作れるんだ…!(素人の感想)


ちなみに今回は、生のブルーベリーで作りましたが、市販の冷凍ブルーベリーでも作れるので、ぜひ、お家で作ってみてください!!


 


美味しくできたジャムには、美味しいパンを


せっかく美味しくできたジャムを塗るパンは、特別に美味しい食パンが良いですよね!


こちらの「究極の生クリーム食パン」は、そのままでももちろん美味しいですが、ジャムをつけて食べるとまた格別に美味しいです!



もちもちフワフワの特別な食パンで、ぜひ贅沢な朝食タイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

この人が書いた記事

ぼりーの記事をもっと見る

関連する記事