blog

BLOGブログ

ARCHIVES

とみー

【果物レポ】桃おどろきを食べてみた!



こんにちは。とみです。
9月に入り随分秋らしくなってきましたね。

熊本は毎年残暑が厳しくて10月まで暑かったりするんですが、今年は少し早めに涼しくなってきた気がします。

秋と言えば果物やお野菜が美味しい季節!

私は果物やお野菜が大好きでよく青果店に行くのですが、9月は品揃えが豊富になってくる印象があります。
特に果物は真夏に頑張って育った物が次々と旬を迎え、見た目も彩り鮮やかです。



何か美味しい果物を食べたいなーということで。
今年は果物の中でも大好きな「桃」をお取り寄せしてみました。



桃の最盛期は7月から8月。
9月はちょっと遅めになりますが、品種によっては10月まで楽しめます。
中でも夏から秋に移り変わる頃は糖度も高く、一番おいしい桃の時期とも言われています。


参照元:TOYOSU BLOG

一般的には白桃と黄桃に分類されがちな桃ですが、実は家族が沢山います。
その数は今や桃は100種を余裕で超えるというのだから驚きです。

とはいっても地域で出回る品種は限られているので、きっと食べている桃はごく一部。
なんだか少し惜しいなぁと思ってしまいます。


参照元:TOYOSU BLOG

せっかくならまだ見ぬ桃に出会おう!

ということで。
今回は桃家系図の表の白桃類に含まれている「おどろき」という品種をお取り寄せしました。
こちらの桃は山形を中心に栽培されており、熊本ではまず出会えません。



桃も言えばジューシーで柔らかい果肉が一般的ですが「おどろき」の果肉は全然違います。

なんと、とっても硬いのです!!

見た目は何の変哲もない桃ですが触り心地から違いました。
普通の桃のように力を入れたらぐっちゃっとなりそうな脆さはなく、青梅みたいな硬さがありました。

香りもほぼ無く、熟しているのかすらよく分からない感じ。



切ってみると白桃らしい白とピンクできれいな色合い。

切り心地はリンゴとかウリのような質感でサクサク。
単に若い桃だからというわけではなくて、食べ頃の状態がこれなんです。



実際食べてみるとリンゴのようにシャキシャキと音がするほど硬い…!!
リンゴとナシの間くらいの桃とは全く違う食感!

味も香りに反して、甘くてとっても美味しい!!
ナシのように噛むほどに果汁が溢れてきて瑞々しく、癖になる美味しさ!

販売者の方いわく、果皮も口にかからないので面倒なら洗ってそのまま食べても大丈夫なのだそう。
何から何まで桃とは全然違う斬新さでした。

「おどろき」は桃好きの間では「ガリ桃」と言われる分類らしく、中にはこのタイプの桃だけしか受け付けない人もいるそうです。



最近は葡萄も皮ごと食べられる、パリパリと硬い品種が人気ですよね?
ひと世代前は巨峰やデラウェアが人気だったのに、今はシャインマスカットが人気です。
(巨峰やデラウェアも好きですよ!もちろん!)

硬い桃も年々人気が増している印象なので、今後ブーム到来もあり得るかもしれませんw



こちらは桃とクリームチーズと生ハムの前菜。
まさかブラックペッパーと生ハムがこんなに桃に合うなんてまさに「おどろき」…!

皆様もぜひw




若桃って知ってる?



おせちやデザートに、緑色のオリーブみたいな物が入っているのを見かけたりしませんか?
実はこれは桃の赤ちゃんで、若桃(わかもも)といいます。

他の果物には無い食感とふんわり広がる桃の風味は一度ご賞味頂きたい逸品です!

ふみこ農園さんのフルーツコンポートやゼリーには、この若桃がたくさん使用されています。




色どりの暴力のようなこのキラキラ具合…!!!!
贈り物に!自分へのご褒美に!おすすめです(^^)



この人が書いた記事

とみーの記事をもっと見る

関連する記事