blog

BLOGブログ

ARCHIVES

カワハギ釣ってきた話


ども、あこです。


 


いよいよ秋も深まり夜寒を覚えるこの頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか?




秋はバイクで気持ちよく走れる時期ですねー、

最近ようやく乗りたいバイクが決まりまして、来月納車に向けて計画が進み中です。







シルエットだけで分かる、かっこいいやつやん。


はぁ~早く乗りたい…!


なんで納車前ってこんなにワクワクするんでしょうね(嬉ション






 


さらに今の時期は釣りも楽しみやすいですね。


今のシーズンはエギングに熱が入りますが、


ネットで釣果を見るとちょいちょいとカワハギが釣れている情報を見かけまして…


 


 


 


カワハギかぁ……


食べたいなぁ。(じゅるり


 


 


と、いうことでカワハギを狙いに行く事に


 


【AM4:00】


雨の降る中、友人と上天草の倉岳方面へ向かう事に。


天気予報では日の出辺りで雨が上がるとのことでしたが、念のために雨靴と雨具を用意しておきました。


 


【AM7:00】



最初の目的地・大道港でまずはエギングを開始!


案の定雨が止まず、雨の中で竿を下ろすことに。


狙うはアオリイカですが、まぁー全然反応無し!(エン!


そんな私を横目に友人がコウイカをゲット。





きゃわわなサイズ


小ぶりだったので海へリリース。


 


 


 


少し釣ってから友人が以前バカでかいカワハギを釣ってるのを見たことがあるという漁港へ移動。


そこで今回のメインイベント・カワハギ釣りを開始します。


 


 


用意したものはこれ↓↓↓


 


まずはカワハギをおびき寄せるための


手軽にそのまま使える『にぎってポン カワハギ専用』




これをにぎにぎと丸めて堤防の岸壁の真下にポイ。


その間に仕掛けを用意。


 


針はビーズが付いた『ゴ~ジャスカワハギ3本釣』の3号を使用。



 


針先には生のアサリを付けるのですが、アサリの身持ちを良くしたいので


こちらの『アミノソルト激旨 アサリ用しめ塩』をまぜませして水分を抜きます。





ここまで見てて思うのが、


釣りの商品のパッケージデザインって面白いですよね。

勢いがあって、好奇心を駆り立てられる感じがたまらないです。


 


 


さて準備も整い、早速カワハギ釣りを始めます。


 


カワハギは『エサ取り名人』の異名を持つ程当たりが分かりづらく


竿を上げてみたらいつの間にかエサを食べられてたりと、


釣るのが難しいお魚です。


 


 


 




でもまだまだ朝。


今日は長期戦でやるぞ!と意気込んでいました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



友人がすぐにカワハギを吊り上げました。




うそぉぉん


しかもナイスサイズ!余裕の20cm越えです。

まさかすぐに釣れるとは思わず2人とも大興奮。




 


私は案の定、エサを食い尽くされ


アサリを付けては秒で食われ、また付け直しての繰り返し…



友人の方がアサリを付けるのが上手なので


『付けてあげるよ~!』と糸を垂らしたまま竿を置いていたら


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



同じサイズのカワハギが食いついてきました。


 


うせやろ…ラッキーすぎる!

またしても二人とも大興奮です。


今日は贅沢な刺身が食べられるなとすでに満足モード。


 


この流れで私もナイスサイズのカワハギが釣れると夢抱きましたが、


そこから食いつきが悪く別の漁港に移動。


私がやっと釣ったのは7時間後の日の入り寸前でした…。





サイズは小さめでしたが、しっかりと当たりを読んで吊り上げたので大満足でした。


 


 


カワハギは夜捌いて


身は刺身とお吸い物に。肝は肝醤油にして身を刺身に付けて頂きました。


早朝から一日中釣りをして、晩酌にカワハギを堪能する…最高かよ


充実した休日が過ごせました~。



 


他にも秋を楽しむ物がありますよ!


 


この時期限定の商品も数々出ていますよね。


おすすめなのがメイズテーブルの


秋を楽しむ!贅沢デニッシュパン祭りです!(勝手に命名)



デニッシュ かぼちゃ




秋にぴったりなかぼちゃ・安納芋・栗を使った


贅沢なデニッシュパンが只今絶賛販売中です。


是非ご賞味あれー!


 


 


 


 


 

この人が書いた記事

あこの記事をもっと見る

関連する記事