blog

BLOGブログ

ARCHIVES

【Adobe】Dimensionを使ってみた


 


ども、あこです。

厳しい寒さの中、冬のひだまりがことのほか暖かく感じる歳末の候、

皆様いかがお過ごしでしょうか?




バイク乗るのも、釣りに行くのも躊躇う寒さになりましたね。


こんな時期に食べたくなるのがあっつあつの鍋料理ですね。


鮮魚の鬼・神戸CRABでは鍋にぴったりな魚介類が沢山揃っています。


期間限定で「冬のかに特集」が開催中なのでこの機会にぜひ!


 


 


Adobe Dimensionがおもしろい


さてAdobeと言えばPhotoshop・illustratorが主流ですが、

他にも様々なソフトがありまして、


その中でも3Dのモデリングができる『Dimension』をご紹介!


 





Dimensionはロゴやパッケージデザインを3Dデータに反映できちゃう便利なソフトです。

個人的にすごいと思ったのは、マテリアル・環境・カメラ・ライトニング・モデリングがすごく簡単に使えちゃうこと!


また様々な環境を想定した素材が物凄く多い。

モデルもソフトの中に豊富な種類があるので、モデリングできないよ!って方でも簡単に扱えちゃいます。






今回はAdobe公式のチュートリアルを参考に作成してみました!




PhotoshopとDimensionで表現力豊かな3Dグラフィックスを作成


 


この流れで作成していくのですが、

モデリングがどんな感じでできるか知りたいので、うさぎちゃんの所から始めてみました。


一番最初にびっくりしたのが、Photoshopでモデルのパーツができちゃうこと!


ウサギのふわふわの毛をPhotoshopで作ると…。


 


このノイズ画像が




 


3Dに変換すると栗みたいな形状に!


すごいぞPhotoshop!

複雑なモデリングは厳しそうですが、簡単な形状であれば色々パーツが作れちゃいます!


 






パーツができたらいよいよDimensionでモデルを組み立てていきます!






お目めも付けてウサギらしくなってきました。


 


せっかくなので袋を見上げてる感じにしたいので、


パーツを微調整していきます。



 


ショートカットもアドビ共通なので、作業がやりやすくていいですね♪


 



 


レイアウトができたら、レンダリングでシーンを画像として書き出します。


書き出す形式がPNGとPSDで出せるのがありがたいですねぇ…



 


書き出したPSDを開くとレイヤーがこんな感じに分かれているので、

グラフィックの調整がとてもやりやすいです!



 


 


途中から出てきたウサギの横に立ってる紙素材でできたパックも


Dimensionに入っている無料のモデル素材です!

こういうモデルが既存であると、

『こういうカットの写真が欲しいんだよなぁ』と思った時にも3Dデータならすぐに再現できます!

便利ー。


 



今回作成したウサギくらいまでのキャラクターモデルなら


できることが分かったので、他にも試してみたいなと思います。






他にも沢山のソフトがあるので、ある程度使いこなしてみたいですね!

では!



 


 


 


D

この人が書いた記事

あこの記事をもっと見る

関連する記事