blog

BLOGブログ

ARCHIVES

【オーブンが無し】30分でできるチーズナンのレシピが最高だったお話し。



こんにちは。とみです。
皆さんはパンを作ったことはありますか?




私は何度かチャレンジしたことがあるのですが、毎回焼きたてはそこそこ美味しいのに、冷めると釘がうてるんじゃないか?ってくらいの硬さになる「歯を殺すパン」しか焼けず、挫折した苦い思い出があります。




原因を調べてみると、二次発酵不足とか色々あるようで。
パン作りって奥が深いなぁとしみじみ感じたと同時に、めんどくさくなりそれ以降パン作りはあきらめていました。


しかし、日課のTwitter徘徊で最高のレシピを発見…!!




◆材料を入れて混ぜるだけ!
◆レンジで発酵するから発酵の失敗無し!
◆発酵の待ち時間は全部あわせて20分!
◆約時間と混ぜる時間を足しても最短30分!
◆フライパンで焼くからオーブンもいらない!


まるでパンを焼く面倒くさい部分を全部取っ払ったみたいなレシピ…!
試してみると、めっっっっちゃ簡単に美味しいナンが完成し感動しました。




切ってみると~…




チーズがちらり




!!!!




これはまさしく憧れのチーズナン!!!!




控えめに言って最高!!!



「カレーのこと忘れてひたすらナン食べたよね」というコメントに納得。
問題のパンの部分もフライパンで焼いているので、焼き目はザクっとしていて、中の方はつまってる感じのもちっと食感で美味しい。



母と父にも食べてもらったところ「おやきみたいで美味しい!」とのこと。
確かに具が入ってるしナンっていうより、おやきに近いような気も…?



おやきなら具材は無限大ってことで、2回目はサイズを小さくしてチーズの他にタケノコのピリ辛に炒めて詰めてみました(*^^*)




こっちも美味しかったです!
キーマカレーとか、高菜とか豚キムチとかが合いそう。





レシピと作り方の詳細



詳しくはこちらのツイートをクリックするとご覧になれますが、ざっくり説明すると以下のような感じです。



↓↓↓↓



①書かれている材料(強力粉・イースト・塩・砂糖)を量ってボウルにイン。
水と牛乳を分量分混ぜて、耐熱用容器に入れて500ワットで30秒チン。




②あっためた水と牛乳を粉に入れて、ヘラやスプーンで混ぜてひとまとめにする。
※どうしても細かい粉が残ってしまって苦戦したので、私の場合は最後は手でこねました。




③耐熱容器にパン生地を入れて、ラップをふんわりかけて200ワットで30秒チン。
そのままレンジ内に5分放置。


④レンジから取り出して、耐熱容器に入った状態で数回こねるて、まとめなおして再度ラップをふんわりかけて、もう一度200ワットで30秒チン。
更にそのままレンジ内に15分放置。


⑤レンジから取り出して膨らんだパン生地を平たく伸ばしてチーズや具材を包む。
小さいサイズにする場合は適当なサイズでちぎって、伸ばして包む。




⑤後は両面に焼き目がつくまでフライパンで焼いて完成です!





小さめに作るとおやき感が増します!
その場合、包み終わりの部分が厚くなるので、生焼けにならないように弱火で長にめに焼くと良いみたいです。




レシピには仕上げにメープルをかけるとあったのですが、私は甘い物としょっぱいものは一緒にしたくない派なので今回はかけませんでした。
お好きな人はたっぷりメープルをかけてお召し上がりください(*^^*)



メープルも良いのですが、ハニーチーズナンも最近流行っているので、ハチミツもきっとよく合うはず!




蜂蜜なら国産ハチミツがお手頃価格で購入できる、豊嶋さんがおすすめです!
国産でこの価格のハチミツは中々無いんじゃないでしょうか?



お試しセットもあるので、いろんな味を楽しみたい方はこちらがおすすめ。
国産ハチミツの他、海外のアカシアハチミツまで楽しめます。




今度はハチミツのパンにも挑戦してみようと思います(*^^*)



この人が書いた記事

とみーの記事をもっと見る

関連する記事