blog

BLOGブログ

ARCHIVES

佐々木貴大

夢に見たスパイ映画が現実に!

piece

 

こんにちは。

 

冬の寒さが嬉しいtakaです。

 

 

最近、気になるニュースがありました。

 

 

飲み会や旅行などで、気軽に写真を撮って

 

ブログ、FacebookやTwitterなど、、

 

SNSでピースをした画像をアップすると

 

特殊なソフトウェアで指紋を盗まれて複製をされてしまうとの事。

 

 

実際に昨年末、6歳の子供が寝ている親の指紋でスマホのロックを解除し

 

Amazonでポケモンの関連商品13店を購入したというニュースが報じられていました。

 

 

映画で見たことのある、生体認証の盗用が現実に、身近になってきましたね。

 

 

決して他人事には思えない、身近なセキュリティー事情について考えてみました。

 

 

指紋認証は生活の中にどこで使われてる?

 

真っ先に思いつくのが

 

パソコン、スマートフォンのロック機能や、玄関のロック機能、

 

キャッシュカードから現金を引き出す時に使う

 

銀行ATMの指紋認証が日常的で、利用されてる方も多いはず!

security

 

 

これからは、より多くの情報のセキュリティーとして

 

幅広く活用されていくかもしれません。

 

 

生体認証はどのようなものがある?

 

おおまかに5つの認証方法が使用されています。

 

 

・指紋認証 → 指の指紋を使用した認証方法

 

・静脈認証 → 手に流れる静脈を使用した認証方法

 

・虹彩認証 → 目の虹彩を使用した認証方法

 

・顔認証 → 人の顔の特徴を使用した認証方法

 

・声紋認証 → 個人の声の特徴を使用した認証方法

 

 

対策を考えてみる

 

【TAKA案:01】

 

先日、初詣の時の1枚

taka170112

 

これを、、

 

セキュリティー!!!!!!!!!!!!

countermeasure

 

 

 

 

 

 

 

(^O^)

 

 

 

 

すいません。ふざけたわけではなくて、極端な例です。

 

 

気にしすぎてしまうと、皆さんのPCやスマホに

 

フォトショップを入れないといけなくなりますね。

 

 

SNSにアップするのも、億劫になってしまいます。

 

 

【TAKA案:02】

 

指紋認証を使ったセキュリティーを利用しない。

 

 

その他も同様、SNSにあがる画像や動画から得られる情報は

 

顔、声、指紋、虹彩の4つです!

 

同時に先ほど上げた4つの生体認証は使わない。

 

 

→ 今のところ、静脈認証が他のと比べると安全性は高いかも。。

 

 

 

 

 

本題とはズレるのですが、

 

ネットの普及で、色んな情報が得られるようになった今は

 

 

偽の知識と情報、正の知識と情報を精査しながら、ネット社会と付き合っていくべきかと感じました。

 

この件について情報が浅いですが、個人的見解であるので参考までに。。

 

 

taka

この人が書いた記事

たかちゃんの記事をもっと見る

関連する記事