blog

BLOGブログ

ARCHIVES

優美新堀

【体験談】右足の骨折から日常生活を取り戻すまでの3か月

すっかりご無沙汰しております、ボリーです。

新年早々に右足を骨折した記事を書いてから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが・・・・

 

ようやく松葉杖、卒業できました!!!

 


※↑は実際に3か月使っていた松葉杖です。レンタルだったので、病院にお返ししました。

 

今までありがとう、松葉杖・・・そしてさようなら・・・。

 

骨折から3か月経った現在、まだ長時間歩くことが禁止されていたり、早歩きや階段を降りることが上手くできなかったりと、地味に不便なことが多いですが、これでようやく晴れて自由の身となりました・・・!

そこで、今回は悲劇のお正月右足骨折事件から、日常生活を取り戻すまでの記録を、この場を借りて書き残そうと思います!

 

骨折発覚~1か月目とても不便なギプス生活)




1月1日の深夜に自宅で転倒し、1月2日に病院で「5中足骨骨折」と診断され、右足にギプスを巻かれた状態で、丸々1か月生活していました。

骨折した方の足を決して地面につけてはいけない生活、本当に大変でした(涙)

※骨折の詳しい経緯はこちらからご覧いただけます。

-----------------------------------------------------------------------------

日常生活レベル

・外出・・・△

車いすOK・バリアフリー完備の場所(病院)しか行けませんでした。
病院には車いすがあったので、院内はそれで移動していました。

・運転・・・×

車通勤が出来なかったので、在宅でお仕事させていただいていました。

・寝返り・・・×

ギプスが重くて寝返りができず、腰痛に悩まされていました。

・お風呂・・・△

ギプスを濡らさないよう、足にビニール袋を巻いて、シャワーを浴びていました。
浴室で滑らないように、足元にタオルを敷いて片足で移動するようにしていました。
残念ながら浴槽には入れませんでした。

・買い物・・・〇

外での買い物は出来ませんが、ネットショッピングをフル活用すれば意外と大丈夫でした。特にamazon、楽天には非常にお世話になりました…!!

 

骨折2か月目(ギプスからサポーター生活へ)




骨折から1か月目が経過し、骨が半分ほどくっ付いていたので、ようやくギプスから卒業し、サポーター生活になりました!

最初、ギプスを電動のこぎりでカットすると病院の先生から言われたときは

足までカットされたらどうするの・・・?!

と震えていましたが、ご安心ください!
ちゃんとギプスの間に綿が入っていたので、足は無事でしたw

しかし、サポーターになったことで足が軽くなったとはいえ、骨折した方の足を地面につけてはいけない生活は引き続き継続しないといけなかったので、とても大変でした。

-----------------------------------------------------------------------------

日常生活レベル

・外出・・・△

1か月目同様、車いすOK・バリアフリー完備の場所(病院)しか行けませんでした。
2か月目にもなると、松葉杖で移動も慣れてきましたが、すぐに手が痛くなるので、気軽にコンビニみたいな場所には行けませんでした…。

・運転・・・×

まだ車の運転は禁止されていたため、引き続き在宅でお仕事させていただいていました。

・寝返り・・・△

ギプスが外れたことによって、少しだけ寝返りが打てるようになりました。

・お風呂・・・△

まだ浴槽には入れませんでしたが、取り外し可能のサポーターになったことで、ようやく右足を洗うことができました。
右足を1か月ぶりに洗った時の爽快感は、それはもうすごかったですw

・買い物・・・〇

引き続き外での買い物が困難なため、引き続きネットショッピングをフル活用していました。

 

骨折3か月目(ようやく職場復帰・外の世界へ




骨折から2か月目が経過し、骨が全てくっ付いていたので、ようやく松葉杖卒業か?!と思っていたら・・・

 

お医者さん「右足は地面についても良いけど、今月いっぱいまでは松葉杖で歩いてくださいね」

私「(Д`)・゜・。」

 

さすがに松葉杖は卒業できると思っていたので、内心ちょっと泣きそうでしたw

どうやら、骨はくっ付いていても、骨が出来立てほやほや状態のため、変な力がかかると、再び折れやすい状態なのだそう。

とはいえ、骨折した方の足を地面につけて歩けるようになったので、片足生活の時に比べると、行動範囲をぐっと広げることができました!
会社へ復帰したのも、ちょうどこの時期でしたね!

-----------------------------------------------------------------------------

日常生活レベル

・外出・・・〇

サポーターを装着した状態であれば、両足で立つことができるようになったので、コンビニや階段の少ないファミレスであれば、行けるようになりました!!

しかし松葉杖で両手がふさがっていたので、外出の時にはリュックが必須アイテムでした!

こちらのように、リュックとしても使える3way多機能バッグは、松葉杖での外出でも、両手が使えるので、とても使いやすいですね!



松葉杖だと、急に雨が降っても両手がふさがって傘が差せないので、生地に撥水加工がされているのも非常にポイント高いです!



商品ページはこちら!!

・運転・・・〇

ようやく運転の許可をいただいたので、何度か運転の練習をした後、車通勤で職場復帰をすることができました!!
しばらく松葉杖で社内を移動していたので、エフのメンバーには扉を開けてもらったり、階段を降りる所を見守ってもらったりしていましたw

その節は本当にありがとうございました…!

・寝返り・・・〇

寝る時だけサポーターを外していたので、スムーズに寝返りを打てるようになりました。

・お風呂・・・△

浴槽に入ってもOKとは言われていましたが、足を滑らすことが怖かったので、シャワーのみにしていました。

・買い物・・・〇

コンビニや階段の少ないファミレスであれば、行けるようになりました!!

 

骨折して分かったこと


とにかく治るのに時間がかかること
(私の場合、完全に日常を取り戻せるまで丸3か月かかりました)

身障者用の設備のありがたさ
(手すりや自動ドア、スロープのある施設は最高です)

人のやさしさ
(店員さんや見知らぬ人が気を使って扉を開けてくれたり、足元のものをどけてくれたり、とてもうれしかったです)

 

この3か月間、本当に日常生活を送るのが大変でしたが、同時に滅多に経験できないことを多く経験することができました。

私と同じような体験をした方や、ご家族や知人が同じような怪我をしたという方に、少しでもこの記事が参考になればうれしいです!

 

この人が書いた記事

ぼりーの記事をもっと見る

関連する記事