blog

BLOGブログ

ARCHIVES

佐々木貴大

米麹+甘酒の組み合わせは最強説



 

こんにちは。

女性への贈り物は慣れない。

TAKAです。

 

私ごとではありますが、

3年連続熊本城マラソン出場決定!しました。

 

パチパチ〜と、一人盛り上がってます。

 

「2020年の2月ですから、その短期間で体調を整えないと」と考えるわけですよ。

 

そこで体調管理について調べていくうちに、

 

「米麹」、「甘酒」にフォーカスを当てて紹介します。

 

 

米麹って?


 



 

米麹とは、蒸し米に麹菌を繁殖・発行させて作った麹とのこと。

麹自体に酵素が多く含まれているので、「天然の抗生物質」と呼ばれています。

麹菌に含まれる酵素はなんと100種類!紹介しきれません。

この酵素が、食材の栄養を体に吸収させるのを促進させてくれます。

ということは、野菜と一緒に取ると野菜の栄養をより、吸収してくれるんですね。

他に、オリゴ糖を生成する働きがあるので、腸内に存在する乳酸菌の活動をサポートしてくれる役割があります。

乳酸菌が活発化することで腸内環境が整い、免疫力が上がる効果があるとのこと。

薬事法大丈夫かな。。

 

 

甘酒とは?


 



 

栄養価が高く「飲む点滴」・「飲む美容液」と称される甘酒。

「酒」とつくけれど、アルコール度数は1%未満なので「お酒」の分類には入りません。

 

米麹で作られた甘酒は「米麹の甘酒」

酒粕で作られた甘酒は「酒粕の甘酒」

の2種類に分けられます。

 

今回は、健康・美容効果を期待できる「米麹の甘酒」を取り上げたいと思います。

 

 

主な栄養


 



 

・ビタミンB群

様々な酵素の働きを補助してくれる栄養素。

筋肉や皮膚・髪の素になるタンパク質を作り出してくれるとのこと。

 

・アミノ酸

酵素からでたタンパク質からアミノ酸が作られます。

このアミノ酸からは、人体から作れない「必須アミノ酸」が9種類含まれていると言われています。

 

他に、疲労回復・便秘改善・免疫力向上・美肌・ダイエット・快眠...etcなどの効果が期待されています。

あれも、これも女性にはうれしい効果が期待できる栄養が多いですね。

 

 

甘酒を摂るタイミングは?


 

なんでもそうですが、体にいいからと言って過剰摂取は厳禁です。

甘酒の栄養を効果的に摂る為に、飲み方をみていきましょう。

 

■適切な量は


1回あたり50~120ml(おちょこ1杯~コップ1杯)が推奨されています。

また、朝・昼・夜に分けて飲み1日に200ml程度に抑えたほうがベスト。

飲むタイミングで期待される効果が下記になります。

 

朝・・・ブドウ糖により、脳の目覚めと代謝向上

昼・・・ブドウ糖+糖の代謝を向上させるビタミンB1の相乗効果により、脳の働きが活発になり、集中力がアップ

夜・・・ストレスを緩和するGABAで安眠効果と疲労回復

 

何度も言いますが、甘酒は糖質が高いため飲み過ぎには注意です。

 

 

ベストバイ


 

ふみこ農園の紀州フルーツ甘酒セット

 

甘酒を気軽に飲める商品が

ふみこ農園さんの「紀州フルーツ甘酒」という商品!

 

一般的な米麹甘酒と異なるのが

甘酒特有の風味を気にせず、かつフルーツの栄養もプラスして摂取できます!

 

冒頭でボソッと話しましたが、かわいいラベルデザインも女子ウケがいいので

贈り物にも最適です。

 

ギフト箱で贈り物におすすめです。

 

季節に合わせた飲み方も可能

 

夏は冷して、冬はホットでおいしい甘酒

 

 

 

体調崩しやすい季節ですから、体調管理の選択肢に米麹甘酒はいかがでしょうか。

この人が書いた記事

たかちゃんの記事をもっと見る

関連する記事