blog

BLOGブログ

ARCHIVES

VAX

スパム防止。今更ながらfacebookコメント欄をホームページに埋め込む方法

blog20170117_main

 

 

全国3000万3277人のファンの皆さま。
お疲れさまだず。

VAXだず。

 

 

あけおめ。ことよろ。これよろです。

 

 

早速ですが

とある案件で

wordpressのコメント欄を埋め込んでいたサイトがあるのですが

別件で管理画面にログインしたところコメントの横の数字が
28,012 !?
2、2マソ超えてる・・・

毎日ブログ更新があるとはいえ、これは、、、
一覧を見てみると
130,284項目・・・

13マソ・・・!???

 

なんと一日に3,000件近くのスパムコメントが来ておりました。
こええ・・・
ということで

FACEBOOKのコメント欄を使ってスパムコメントを減らそうというお話です。

 

FACEBOOKのコメント欄は
もちろん FACEBOOKのアカウントがないと利用ができないので不特定多数のスパムは減るかと思います。

 

 

アプリIDを作成


 

blog20170117001
まずは facebookにログイン後

https://developers.facebook.com/apps/

からアプリIDを作成

 

blog20170117002

 

初めて登録する方は このように開発者として登録が必要になります。

初回は本人確認で電話番号登録画面が出るかもしれませんがそこはちゃんと入力して先に進みましょう。

 

 

 

blog20170117003

 

各項目を入力して作成!

 

 

 

コメント用のコードを取得


アプリIDができたらこちら

https://developers.facebook.com/docs/plugins/comments

 

blog20170117004

 

そこで
コメントプラグインのコードジェネレータ

に必要な項目を入力後

 

コードを取得をクリック

 

すると下記コードが表示されます。
<div class="fb-comments" data-href="//www.e-f.co.jp/" data-width="500" data-numposts="5"></div>

 

 

今回は コメントするURL を

//www.e-f.co.jp/

としていますが本来はブログなどに埋め込むと思うので

wordpressなどに埋め込む場合は

 
<div class="fb-comments" data-href="<?php the_permalink();?>" data-width="500" data-numposts="5"></div>

 

 

PHPが使える状況で

URLが上記コードでURLが表示できない状況の場合は

 

 

<?php
$now_url = ((empty($_SERVER["HTTPS"]) ? "//" : "https://") . $_SERVER["HTTP_HOST"] . $_SERVER["REQUEST_URI"]);
?>

 

<div class="fb-comments" data-href="<?php echo $now_url;?>" data-width="500" data-numposts="5"></div>

 

 

という方法で現在表示されているページのURLが取得できるので設定可能です。

 

 

 

という今更な記事でした。

 

 

 

 

先週末から各地で雪がゴイスーだったと思いますがうちのどん吉は初めての雪をただ見守っておりました。

 

 

blog20170117005
それでは今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

この人が書いた記事

VAXの記事をもっと見る

関連する記事