blog

BLOGブログ

ARCHIVES

はっすん

【モデル】撮影で意識するポージング



皆様こんにちわ!宇宙目指してる、はっすんです!

もう2月!早すぎやしませんか・・・むむ!(`・ω・´)

 

相変わらず、やりたいことが多く楽しく過ごしております(´Д`)

 

今回は撮影の際に意識してる『ポージング』について考えました。

弊社ではデザインやコーディングなどの作業以外にもページを作るうえで

撮影が必要だったりします。

 

人物が必要になる撮影ではモデル事務所にお願いするか弊社のスタッフ(一般人)での

撮影になります。

 

モデル事務所にお願いする場合は顔まで写してほしいカットなどが必要だったりする場合が多いですが弊社のスタッフは基本顔出しNGですので首下でのカットでよい商品だったりする時に店舗様よりご依頼が来ます。

 

その際、商品を良く見せるためのポージングが必要になってくるわけです。

「初めからこういうポーズで撮影する」と決まっているのであれば簡単ですが

ほとんどの商品はスタッフごとに考えて撮影しています。

 

僕もよくモデルとして撮影に参加させていただいてますが

特に革靴本舗様の靴を履いたモデルとしての仕事が多くあります(`・ω・´)

 

ほとんどが僕のアドリブによるポージングカットになるわけですが

常日頃から撮影の際に心がけているのは首下までしかページには乗らなくても

『頭のテッペンまで意識すること』です。

 

恐らく撮影の際に首下までしか写ってないのに顔までキメているのは僕くらいでしょうね(笑)

 

 

ポージングは何を参考にしているの?


はい、それはもちろんプロのモデルさんたちです!

今の時代はネットで調べるだけで、色々と出てくる時代ですからね。

 

撮影の際はメインが何なのかを理解した上で検索して調べます(`・ω・´)

僕は基本「商品よりも俺を見よ!」という気持ちが勝ちそうになるときがあるので

意識して気持ちを調節しています(´Д`)

 

実際に検索すれば参考になりそうなポージングが沢山ありますが

やはり一番は服を売ってる店舗のページを見ることですね!

 

服を売るにはモデルが必要なケースがほとんどですから色々なポージングも見れるわけです!

男性と女性で分けましたので気になった方は下記をチェック♪

 

メンズ

レディース

 

お気に入りのポージング


ということで!

僕が今まで撮影してきた中で個人的に1番気に入ってるポージングはこちら!

 



この肩足を上げて後ろの壁に体重をかけて、尚且片手で支えるという個人的にグッドです(´∀`)

ただ「もう片方をポケットに親指だけ入れておくとかすると、もっと良かったかもな」

などと一人で意識しております( ゚д゚ )

 

こちらの商品もタッセルがついてたりカラーなど可愛らしいですよね♪

見た目ではわからない脚長5.5cmアップだったり4E幅広なので履きやすかったりと

個人的にもおすすめです!

もっと詳しい情報はこちら

この人が書いた記事

はっすんの記事をもっと見る

関連する記事