blog

BLOGブログ

ARCHIVES

はっすん

【宇宙の不思議】惑星編



皆様こんにちわ!宇宙目指してる、はっすんです(`・ω・´)

 

今年も残り2ヶ月を切りましたが、僕は来年の1年間での計画を既に練り始めております。

この2ヶ月間は、目標達成のための準備期間ではありますが1年間で成し遂げられるかは分かりません。

 

現に、今年の目標にしていた事も全部は現状達成できそうになく、、

来年の計画に持ち越しです。

 

全てはエーペックスレジェンズというゲームに出会ったことで時間を費やし、計画が崩れてしまったと言っても過言ではありません。

 

ですがこのゲームに出会えた事で得た力は僕にとっての宝物のひとつです。

やはり人生とは何があるか分からないものですね(笑)

 

ということでタイトル回収。

今回は宇宙にある惑星についてまとめてみました!

 

知ってそうで知らない、『惑星』について紹介できたらなと思います(´・ω・`)b

 

宇宙に星はいくつあるのか?




まずはおさらいとして、そもそも宇宙には何個の星があるのかまとめますと、

宇宙には、まず僕たちのよく知ってる太陽(恒星)があり、太陽のまわりを回っている

  • 地球

  • 火星

  • 水星

  • 木星

  • 金星

  • 土星

  • 天王星

  • 海王星


の八つがあります。

※もともとは海王星の外側を回る冥王星も長く惑星とされていましたが、2006年に同連合によって新たに準惑星に分類されました。

 

それから月のように惑星のまわりを回っている小さな星が約4000個見つかっています。

またハレー彗星のように、ときどき地球に近づいては、またはなれていく星が毎年約20個ほど見つかっています。

さらに銀河系(大きな星の集まり)の中には、約2000億個の恒星があると言われています。

 

ここまでで約1000兆個の星があると考えられるのですが、

信じられないことに銀河系のような大きな星の集まりは、他にも数千億個あるのです。。!

つまり1000兆個×数千億・・・・想像を遥かに超える数の星が存在するわけです(;・∀・)

 

宇宙は広い(´・ω・`)

 

ということで、、

宇宙に存在する惑星八つのうちの何個かをピックアップしてご紹介します!

 

「水星」 の覚えておくと面白い知識




水星といえば、水金地火木土天海(すいきんちかもくどってんかい)と学生時代に学んだとおり太陽に一番近い惑星です。

これだけ覚えておけば水星を語れる知識】を紹介します。

 

①水星なのに水がない。

②水星なのに太陽に一番近いので凄く暑い。

(※平均気温が179℃)

③気温差が約600℃ある。

(※最低気温がマイナス180℃、最高気温が425℃)

④自転が公転より遅い。

(※地球の日数計算だと1年が88日しかないのに1日は176日あり逆転している。)

 

補足すると太陽系の中で一番気温差が激しい星です。

 

(´∀`)<ワケガワカラナイヨ

 

「金星」 の覚えておくと面白い知識




金星といえば、太陽系の第2惑星です。

これだけ覚えておけば金星を語れる知識】を紹介します。

 

①金星は地球と似てるため姉妹惑星と呼ばれている。

(※大きさ、密度、重力が似ている。)

②平均地表温度が約470℃ある。

③濃い大気が金星全体を覆っている。

(※太陽からの熱を逃がすことができないのでずっと暑い。)

④金星は雨の代わりに硫酸が降ってくる。

 

硫酸はやばいですよね(;^ω^)

 

「木星」 の覚えておくと面白い知識




木星と言えば、表面に赤道に平行な縞模様が見える太陽系の第5惑星です。

これだけ覚えておけば木星を語れる知識】を紹介します。

 

①木星は直径が地球の11倍、体積が1321倍。

②自転がめちゃくちゃ早い。

(※地球換算だと1日が10時間しかない)

③雷が発生している。

(※地球のエネルギーの1000倍)

 

補足すると、雷に関しては直視すると一瞬で失明するらしいです。

 

「土星」 の覚えておくと面白い知識




土星といえば、見た目通り環があることで有名な太陽系の第6惑星です。

これだけ覚えておけば土星を語れる知識】を紹介します。

 

①土星は水より密度が低い。

(※土星並の大きい範囲の水があれば浮く。)

②土星の環は、99.9%が氷で出来ている。

③土星の北極には謎の六角形の雲がある。

 

補足すると、謎の六角形の雲は周囲に吹くジェット気流が、その下に流れる風に押されて六角形になっているそうです。

 

うん、わけがわかりませんね(笑)

 

「天王星」 の覚えておくと面白い知識




天王星といえば、太陽系の第7惑星です。

これだけ覚えておけば天王星を語れる知識】を紹介します。

 

①大気がめっちゃ臭い。

(※大気を構成する要素の1つに硫化水素が含まれている。)

②天王星の自転は公転の軌道に対して97.8度傾いている。

(※横倒しになった状態で回転している。)

③なぜ天王星だけ横倒しになって回転しているのか未だに分からない。

 

補足すると、大気に関しては毎日卵が腐ったような臭いがしてます。

 

惑星はやばい




八つ中、五つをピックアップしてご紹介させて頂きましたが

結論:惑星はやばい(´・ω・`)

 

それと、こんだけ広くて宇宙人がいないはずがない。

もしも宇宙人がいなくて地球の生物しか存在しないのであれば、それは宇宙の無駄遣いですよね。

(※今日のパワーワード)

 

ということで【宇宙の不思議】惑星編でした\(^o^)/

 

環境にやさしく空気を綺麗に


やはり数少ないであろう地球という生命の誕生が可能な惑星を大事にしないといけません。

今回ブログを書いてて余計にそう思わされました。

 

その中でも掃除はすごく大事です。

地球温暖化防止のためにも環境にやさしいこちらの商品をご紹介します。



ボタニカルハウスホールドクリーナーです!

こちらは、「人にやさしく、環境にやさしく、掃除を楽しく!」をモットーに作られた

100%植物由来の洗剤です!

 

詳しい特徴に関してはこちらをチェック

 

あらゆる場所で大活躍すること間違いなし♪

用途一覧です。



楽天お買い物マラソンなどセールでお得に購入できる時期があるため

興味が湧いた人はチェックしてみてくださいね(^^)

この人が書いた記事

はっすんの記事をもっと見る

関連する記事