blog

BLOGブログ

ARCHIVES

全国のグルメをストーリーと共に販売する食のECサイト「GOOD EAT CLUB」が面白そう

どうもこんにちは、エフ編集部です。


 


こちらのコーナーでは毎月ECに関する様々な情報を発信しています。


 


さて、今月は「GOOD EAT CLUB」という新種のECサイトについて触れてみます。


 


GOOD EAT CLUBって何?という方がほとんどだと思いますが、それもそのはず。


 


こちらのサイトはまだベータ版なんです!


 


2021年の7月頃に本リリースとなる予定です。


 


そんな、ベータ版のサービスを見つけてくるなんて・・・!さすがエフ編集部


 


全国のうまいものを「買える・応援できる」食のファンクラブ「GOOD EAT CLUB」ってなんだ?



GOOD EAT CLUBを運営するのは、「グッドイートカンパニー」と「NTTドコモ」です。


 


グッドイートカンパニーを設立したのは、関東を中心に多数の飲食店をプロデュースする「カフェ・カンパニー」という会社。


 


食のエモーションコマースと題されたサイトでは、様々なグルメ通たちが偏愛するグルメが登場します。


 


ざっくりと説明すると、


 


・食を愛してやまない人たちが


・その人らしい目線で


・全国のグルメを深堀りして記事にして


・それが通販で買えますよ


 


と、そんな感じでしょうか。


 


百聞は一見にしかず。1度、サイトを覗いて見て欲しいのですが、


 


サイトはこちら


 


とにかくサイトが良い感じ。


 



 


安っぽさを感じさせないオシャレなテイストが光ります。


 


そして、どれもキャッチコピーから何から作り込まれていて、ついつい読み込んでしまいます。


 


個人的には、チーズケーキのリアルな食レポと、色気のある文章がとても臨場感があって興奮しました。


 


まだまだベータ版ですが、グルメECとして面白い存在になっていきそうな気がプンプン匂ってきます。


 


楽天やYahooショッピングで多数のグルメ店舗様を担当する弊社だからこそ分かるグルメ通販の難しさ


さて、「GOOD EAT CLUB」をご覧になっていただきましたが、


 


ひと通りサイトを眺めてみて、気になったポイントがあります。


 


それは、


 


こんな情報不足の状態で人は食品を買うのかどうか


 


これなんですね。


 


弊社では様々なグルメ商材のLP(ランディングページ)制作をお手伝いさせていただいています。


 


そのどれもが、


 


しつこ過ぎるくらいに商品の説明をして、様々な角度や利用シーンの写真を撮って構成されています。


 


よく「楽天のページはゴチャゴチャしているから嫌いだ」とネット上で揶揄されていますが、


 


言ってしまえば、


 


そっちの方が売れるからゴチャゴチャ(しつこく)させているんです。


 


これはもう長年の知恵と実績で辿り着いた、1種の正攻法なのではないかと思います。


 


そんな楽天のLPとは正反対に位置していそうな「GOOD EAT CLUB」ですが、


 


これはまた全然ファン層が違うはずです。


 


楽天のグルメが「お買い得な値段・お買い得な量・みんなが買ってるから買う」という方向性なのに対して、


GOOD EAT CLUBは「ちょっと高いかもしれないけど、ここだけのプレミアム感を味わいたいから買ってみる」みたいな感じでしょうか。


 


ここはまだGOOD EAT CLUBがベータ版で始まったばかりなので、曖昧な表現で申し訳ないのですが、


 


使うシーンや「ファン度」が違うような気がします。


 


楽天の商品ページも本当はストーリーをしっかり作って、値段だけじゃなく、物語で販売していくのが理想ではありますが、


 


現実はそう簡単ではありません。


 


はたしてGOOD EAT CLUBがどう受け入れられるのか、今後のサイト展開から目が離せません。


 


私も実際にお取り寄せグルメを注文してみたいと思います!


 


それでは今月はこのあたりで☆

この人が書いた記事

editorの記事をもっと見る

関連する記事