blog

BLOGブログ

ARCHIVES

世界のEVランキングを調べてみた。テスラ以外の車知ってる?


どうもこんにちは、エフ編集部です。


 


気がつけばもう12月に入りました。


 


ワクチン接種してなんやかんやしながら、もう2021年も終盤になってきましたね〜早い。


 


さて、今年に入ってから世界で最も変わったものは何かなー、と思い返してみると、


 


 


「持続可能な社会の実現」に向けて世界が動き出していること


 


 


だと思うんですよね。


 


テーマが硬いな〜と思われた方もいるかもしれませんが、


 


要するに、


 


地球守っていかんとそろそろやばくね?


 


と地球規模で意識が変わってきているわけですよね。


 


これまでは、なんとなーく世界は「エコ」な方向に向かっているんだぜ!


 


くらいの認識しかありませんでしたが、


 


今年に入ってからは「エコ」と言うのが古臭く感じるくらい、


 


「SDGs」や「脱炭素」をはじめ、様々なワードを聞くようになりました。


 



さて、前置きが長くなりましたが、


 


「持続可能な社会の実現」に向けて世界が動き出したときに、


 


私たち日本人が気にかけていかないといけないのが、日本の産業についてですよね。


 


今回は急激なEV(BEV)シフトが起こっている世界のEV産業事情を見てみたいと思います。


 


これが世界のEV生産販売台数ランキングだ。ウーリンってどんな会社?



(画像:M&A Online)


 


さて、早速ランキングから見てみましょう。


 


1位はもちろんテスラですね。


実に14%ものシェアを持っているのがテスラです。


 


気になるのは4位の「上汽通用五菱汽車(SGMW)」ですよね。ウーリンと読みます。


 


中国3大自動車メーカーの1つである「上海汽車(シャンハイキシャ)」と、アメリカのゼネラルモーターズ、中国国有企業の「広西汽車集団」の3社が2002年に立ち上げたメーカーで、


 


何が売れているのかといいますと、


 



(画像:Wuling Motors)


 


これなんですね


 


中国で1番売れている「宏光MINI EV」という小型EVです。


 


日本円で実に48万円から買える小型EVで人気なんですね〜


 


これは知らんかった。


 


1度の充電で走れる距離は160km。


 


最高時速も100kmしか出ないという、街乗りの最適仕様ですが、


 


普及型はこういうのでいいのかもしれませんね


 


スズキも軽自動車のEVを開発中(2025年までに出る予定)なので、日本のメーカーにも早く真打ちを登場させてほしいなぁ・・・。


 


テスラもいいけど、ウーリンも要注目かもしれません。


 


中国の「BYD」も知っておいたほうが良いかも・・・



(画像:BYD)


 


さて、中国のEVメーカーとしてもう1社知っておいたほうがいいかもしれない存在が、


 


BYDです


 


中国語では比亜迪と書きます。


 


これまた先ほどのウーリンと並んで、中国ではテスラより売れているEVメーカーとして誰もが知っているブランドです。


 



(画像:BYD)


 


デザインを見てみると確かにカッコいい。


 


というか、ホンダっぽくないですか。


 



こっちはプジョーみたいで可愛い。


 


BYDはトヨタ 「bZシリーズ」のパートナー企業にも選ばれていて、今後、トヨタとの協業が期待されています。


 


元々は携帯のバッテリー会社だったそうで、2003年頃にEVメーカーとして徐々にシフトしていった会社のようです。


 


欧州の自動車メーカーがEVで巻き返すのか、中国が台頭してくるのか、日本が守るか・・・


 


2022年も自動車産業から目が離せませんね。

この人が書いた記事

editorの記事をもっと見る

関連する記事