blog

BLOGブログ

ARCHIVES

たこ焼き器界のフェラーリこと「スーパー炎たこ」をご存知でしょうか

今月もやってまいりました通販コーナーのお時間です!


 


このコーナーでは、私が気になった商品を実際に取り寄せて試してみるというとってもシンプルな構成になっています。


 


さて、今月の商品はこちらになります。


 



出ました!!


 


たこ焼き器界では知らない人はいないと言われる名品。


 


「スーパー炎たこ」です。


 


今までのたこ焼き器を10周遅れにしてしまうとまで言われる、フェラーリ界のたこ焼き、いや違うな、


 


たこ焼き界のフェラーリであります!


 


我が家では一般家庭の約5倍の頻度でたこ焼き祭りが開催されていまして、ついに念願の「炎たこ」デビューとなりました。


 


今回はこのスペシャルな商品をご紹介していきたいと思います。


 


電気で動くやつとはモノが違うぜ。ガス仕様の本格たこ焼き器「スーパー炎たこ」



それでは改めまして対面してみたいと思います。


 


「スーパー炎たこ」は、言わずと知れたカセットボンベの老舗メーカー「イワタニ」から販売されています。


 


たこ焼き界で名を馳せる「安藤なつ」氏もこれを使って焼いているという、折り紙付きの仕様となっています。


 



中身はいたってシンプル。


 


電気で焼くタイプの、ドン・キホーテで投げ売りされているたこ焼き器とは違いまして、カセットボンベで動かします。


 



「ボンベは絶対イワタニのやつ使ってくれよ!じゃないと知らねぇぞ」という警告が貼ってありますがご安心ください。


 


安いボンベでももちろん使えます。


※ 異変がある際は注意が必要です


 



スイッチ類もいたってシンプル。さすがはイワタニの美学が詰まっています。


 



そしてけっこう穴の大きさがデカイので、本格的な大タコが焼けます。


 


焼きムラが全然ない。これは凄い。これまでの電気タコ焼き器とは何だったのか



それでは実際に焼いていきたいと思います。


 


まず、たこ焼きを家で焼く人からしたら、まず問題になってくるのが電気たこ焼き器のムラの多さなんですよね。


 


手前は火力が弱くて焼けないけど、奥はめっちゃすぐ焼ける、みたいなムラが発生するんです。


 



しかーしこの、スーパー炎たこなら心配無用


 


一面すべてを均等に加熱して焼いていってくれます。


 



これにはけっこう感動すると思います。


 


今までの電気たこ焼き器はなんだったのかと。


 



生地は多めに流し込んでいきましょう。やっぱりたこ焼きは大きいのが美味いですからね。


 



あの、全然話変わるんですけど、たこ焼きってなんか人生みたいだと思いませんか。


 


こうやって最初はグッチャグチャで「本当に先が見えない」感があって諦めそうになるんだけど、


 



時間が経つうちに段々と形になってきて、


 



気がついたときには、きちんと形になっているっていう。


 


何でも動かしていたら実を結ぶんだと、そんな気がするんですよね。


 



そんなこんなで立派なたこ焼きが焼き上がりまして、


 



これですね、食感の違いもあるんですよ「スーパー炎たこ」


 



強い火力で一気に焼き上げていくので、中がめっちゃトロトロ。


 


専門店の味が自宅で簡単に再現できます。


 



これは本当に良いものをGETしました。


 



岩塩で食べたり、


 



餅&チーズたこ焼きにしてみたり、


 



いろんな楽しみが出来て良いですよね。


 



スーパー炎たこ、1家に1台いかがでしょうか。


 


さすがのイワタニさん、これからもお世話になります。


 

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事