blog

BLOGブログ

ARCHIVES

自宅を「IoT」で快適にする2021年!フィリップスの大人気「HUEライト」でPCデスクを彩ってみた


どうもこんにちは、


 


今年の目標はですね、


 


テクノロジーに乗り遅れない!


 


これに尽きますね〜。


 


AIとかARとか、最近は電動キックボードがめっちゃ気になっています。


 


早く熊本でも公道をヘルメットなしで乗れるようにしてくれないかな〜と待ちわびています。


 


本当にテクノロジーの波は流れが速いですから、どんどん積極的に取り入れていかないと浦島太郎状態になってしまいますよ。


 


さて、今回は「IoT」を感じたい・・・ということで、


 


照明器具をご紹介したいと思います


 


え?なんで照明・・・?


 


と思われたそこのあなた!


 


時代はどんどん進んでいますよ。


 



世界中で大人気の「HUEライト」をご紹介します。


 


ヒューと読みます。


 


「PHILIPS」っていう多分みなさん聞いたことがあるオランダの会社が出しています。


 


フィリップスは医療機器のメーカーですが、そんな会社がIoTの製品を出している世の中なんですね〜


 


果たしてこのライトの何がすごいのか、実際に取り付けていきながら説明していきたいと思います。


 


買ったのはテープライトのHUE。パソコン周りを明るくしていきます



さて、今回はテープライトのHUEを買ってみました。


 


この「HUEシリーズ」には色々なタイプの照明がありまして、


 



普通に電球のものもあります。


 


では、果たして普通の電球と何が違うのかといいますと、


 


ネットに繋がる電球なんですよ


 


そうなんです、家にLANケーブルがあると思うんですが、そこに専用のハブをLANケーブルで繋げると、全ての電球がスマホとリンクします。


 



これがあれば、スマホで明かりをコントロールしたり、音声で消灯ができたり、とにかく便利になります。


 


あと、便利な使い方として、


 


外出先からも電気をバッチバチにコントロールできる


 


これがあります。


 


「おい泥棒聞いてるか、くらえ・・・!」


 


「外出先から電気ON攻撃!」


 


「ぎゃあああああ、いきなり電気がついただと〜?」


 


泥棒退散


 


みたいな泥棒泣かせの使い方も可能になります。


 



さて僕はこのPCデスクの壁面を明るく照らしたいな〜と思って買ってみました。


 


 



ディスプレイの裏面に、


 



この光り輝くテープライトを貼っていきます。


 



こんな感じです。


けっこうテープが分厚いのでコーナリングが難しいですが、なんとかいけました。


 



完成したディスプレイ裏がこちら。裏面はめっちゃかっこ悪いですが、


 



こうやってスマホで操作すると、


 



超いい感じ


 



ちなみに、いろんなパターンが記憶されていて、これは「北欧のオーロラ」


 



おお〜、いいね〜


 



そして気になったのが「大阪」


 


 


大阪の雰囲気を醸し出す色とは一体・・・


 


 


 


 


オランダのアムステルダムに本社を置く多国籍企業フィリップスが表現した大阪がこちらです!!!


 


 


 


 


 


 



 


ワ〜〜オ


 


 


フワッフゥ


 


 


NICEね〜


 



【BEFORE】


 


↓ ↓ ↓


 



【ATER】


 


HUEライト気になった方は自宅にインストールしてみてはいかがでしょうか。


 


明るい生活が待ってます。

この人が書いた記事

さむケンの記事をもっと見る

関連する記事